羽生結弦 英語ニュース

羽生の健康は最大の関心ごと 《NEWS#2018-11-20》

投稿日:2018年11月27日 更新日:

フィギュアスケートの人気ブログランキングもよろしくお願いします。

少し前ですが、the Japan Timesより2018年ロシア杯の羽生結弦選手に関する記事です。羽生結弦選手と友野一希選手の部分のみ。記者はJack Gallagher氏。

オリジナルは、こちらの記事です。

※私の英語翻訳は未熟なので、間違いもあると思うので鵜呑みにしないでください!おかしな点がありましたら、ぜひご指摘ください。

Hanyu’s health a paramount concern
羽生の健康は最も関心のあること

paramount:最高の、傑出した

羽生結弦ロシア杯優勝

When a country takes the gold and bronze medals in the same discipline at a Grand Prix it would usually be considered a successful weekend.

一つの国で金と銅のメダルをグランプリシリーズの同じ種目で掴んだら、普通は成功した週末と考えられるだろう。

The joy for Japan at the Cup of Russia, however, was tempered by the injury suffered by two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu after his triumph and Kazuki’s Tomono’s third-place finish.

temper:加減される、抑制される

ロシア杯において日本としての喜びは、しかしながら、2度のオリンピックチャンピオンの羽生結弦が怪我を負ったことで抑制されてしまった。彼の勝利と友野一希の3位という結果の後に。

A day after one of the greatest performances in his career in his short program to “Otonal,” the superstar twisted his right ankle during an unfortunate fall on a quadruple loop in the morning practice on Saturday in Moscow.

彼のショートプログラム「Otonal」は彼のキャリアで最高の演技の一つとなったが、翌日、スーパースターはモスクワの土曜の朝練習で4回転ループの不幸な転倒により右足首をひねってしまった。

Despite barely being able to walk, Hanyu pulled on the boots for the free skate a few hours later and scored a convincing victory. It was a courageous performance by the Sendai native, who could have easily withdrawn, but once again took into account the feelings of the many fans who had traveled to see him compete as well as his desire to honor Evgeni Plushenko.

convincing victory:圧勝

かろうじて歩けるくらいなのにもかかわらず、羽生は数時間後のフリースケートのためにスケート靴を履き圧勝のスコアを得た。これは仙台出身で、簡単に棄権したかもしれなかった男によるものの勇気のある演技だった。しかしまたしても、尊敬するエフゲニー・プルシェンコへの彼の憧れや、彼を試合で見るために渡航してくる大勢のファンの気持ちを考慮に入れた。

So many athletes in other sports will beg off at just the slightest hint of an injury these days. It has become an absolute disgrace in recent years. Take a look at the NBA if you want some reference.

beg off:辞退する、身を引く

そう、近頃他のスポーツでも多くの選手がわずかな怪我の兆候で棄権していく。近年はそのことが完全に不名誉になってきた。いろんな事例を見たかったら、NBAを見てください。

But Hanyu is a different breed. He is old school and takes us back to the days when men were men and toughness was admired. Time and again he has answered the bell when he was injured.

old school:保守派、伝統支持者、時代遅れの
time and again:幾度となく、何回も
answer the bell:来客を取り次ぐ、応じる、期待に応える、難題に応える

しかし羽生は違う種類の人間だ。彼は伝統を重んじていて、男性は男性で力強いのが憧れていた時代に我々を呼び寄せる。幾度となく彼が怪我をするたびに期待に応えてきた。

There was the Cup of China collision with Yan Han in 2014, the serious ankle injury at the NHK Trophy last season, and now the fall in Moscow.

2014年、中国杯でハン・ヤンと衝突事故があった。昨シーズン、NHK杯で重大な足首の怪我があった。そして今モスクワでの転倒。

The questions now revolve around Hanyu’s potential fitness for the Grand Prix Final next month in Vancouver, British Columbia, and the Japan nationals in Osaka. It seems highly unlikely he will be able to compete in either.

revolve around:話題となる

ブリティッシュコロンビア州のバンクーバーで来月行われるグランプリファイナルと、大阪で行われる全日本選手権の出場について、羽生が無事に出場する可能性をめぐって疑問が巡っている。どちらも競技できるとはとても考えにくい。

As disappointing as that is, Ice Time is certain that fans don’t want to see Hanyu’s ankle problem become a chronic one. I think that is the risk here.

同様に残念なことだが、Ice Timeはファンが羽生の右足が慢性的なものになるのを見たくないと確信している。私はそれがリスクとなっていると思う。

He needs to let the injury completely heal before resuming training. Yuzu is such an aggressive athlete that holding him back is not easy. This is where coaches Brian Orser and Tracy Wilson are going to have to step in and protect Yuzu from himself.

彼はトレーニングを再開する前に怪我を完璧に直すことが必要だ。ゆづはとても積極的なアスリートだから彼を抑えるのは簡単ではない。ここがコーチのブライアン・オーサーとトレーシー・ウィルソンが踏み込んで彼自身を守らねばならないところだ。

Hanyu no doubt feels worse about the injury than anybody. Of course he wants to be out there competing. I feel bad for the fans in Japan who have not seen him skate competitively in-country for two years (since the 2016 NHK Trophy in Sapporo) now.

羽生は誰よりも怪我について残念に思っているに違いない。もちろん彼は競技に出たいはず。私は日本のファンが祖国で2年間もの間(2016年のNHK杯から)試合で滑っているのを見ていないことを気の毒に思う。

If he is ruled out of nationals, that time period will stretch to nearly 2½ years, with the next chance coming at the world championships in Saitama next March. It is important to keep in mind that not everybody can spend money to travel abroad and watch Hanyu compete.

rule out :除外する、不可能とする

もし全日本が出場不可能となると、その期間がほぼ2年半に伸ばされるそしてつぎのチャンスは3月に行われるさいたまでの世界選手権だ。誰しもが海外旅行をして羽生の競技を見るためにお金を使えるわけではないということを心しておくことは重要だ。

Overshadowed due to the focus on Hanyu’s injury, was the fact that the win in the Russian capital marked the first time in his senior career that he has won both of his GP assignments in one season.

羽生の怪我の話題に隠れているが、実は彼がシニアに上がってから1シーズンでグランプリシリーズで連勝したのははじめてだということをロシアの首都で勝利したことで決定した。

Hanyu’s world record of 110.53 points in the short program on Friday was really phenomenal. I remember feeling that he was finally fully healthy again as he soared so high on his jumps.

金曜日に出したショートプログラムでの110.53という世界記録は大変素晴らしかった。私は、彼がジャンプをとても高く跳び上がるほど、ついに完全に健康を取り戻したんだという気持ちを覚えている。

Eurosport’s Simon Reed continues to shower Hanyu with praise.

ユーロスポーツのサイモン・リードは羽生に賛辞に浴びせ続けた。

“It’s got to a stage now where he almost transcends the sport,” Reed stated after Hanyu’s short program. “Rather like Tiger Woods a few years ago or Roger Federer.

「彼はほとんどスポーツを飛び越えてしまったところまで来てしまった。」リードは羽生のショートプログラムの後でそうコメントした。「数年前のタイガー・ウッズやロジャー・フェデラーのような」

“The question for me is, how does he have the motivation to keep getting better and better? He’s been at the top of his game now for seven, eight years, but he continues to improve. He’s consistently utterly brilliant.”

「不思議なのは、彼はもっとよくなりたいというモチベーションをどうやって持ち続けていることだ。彼はこの競技で7、8年トップにいつづけている。だけどよりよくなり続けている。彼は絶えず完全に素晴らしい。」

Reed’s broadcast partner Chris Howarth tried to provide an answer.

ロードの実況パートナーのクリス・ハワースは答えを出そうとした。

“He obviously still has a love for the sport and a love for competing,” Howarth remarked. “To be honest, he makes it look easy. Every movement is finished off. The attention to detail in the program is second to none.

finish off:やっつける、トドメを刺す、終えてしまう

「彼は明らかにこのスポーツが好きで試合をすることが好き」ハワースは述べた。「正直にいうと、彼は簡単そうに見えるようにやっている。全ての動きをやってしまう。プログラムに細かく注意を払うところは誰にも劣らない。」

“Technically just brilliant. That wonderful soft knee bend. The top half of the body doesn’t move on anything. I don’t think I have seen him any better. It’s incredible.”

「技術的にとても素晴らしい。あの素晴らしい柔らかい膝の曲がり方。上半身は何にも動かない。私は彼がこんなにうまく動いているところを見たことが無いと思う。すごいことだ。」

The experts even marveled during Hanyu’s free skate to “Origin” in which he had to improvise and move jumps around due to the injury.

専門家はなお羽生のフリースケートの「Origin」驚く。怪我の中即興でジャンプを次々と変えていかなければならなかった。

“He has his own unique fingerprint,” noted CBC analyst Kurt Browning, a four-time world champion. “That way that he creates speed on the ice. The way he uses both legs and massages the ice is just very unique.”

「彼は独特な指紋を持っているんだよ」とCBCアナリストのカート・ブラウニング、4度のワールドチャンピオンは言う。「そうやって彼は氷上でスピードを生み出しているんだ。両足を使って氷を撫でるやり方はとてもユニークだよ」

Tara Lipinski, the 1998 Olympic champion, kept her analysis succinct on NBC.

succinct:簡明な、簡潔な

1998年のオリンピックチャンピオンのタラ・リピンスキーはNBCで簡潔な分析をした。

“When he touches the ice it’s magic,” Lipinski commented.

「彼が氷に触れると、それは魔法なの」リピンスキーはコメントした。

Perhaps Reed put it best when Hanyu took the ice for his free skate.

おそらくリードは羽生がフリースケートで氷に乗ったとき、一番上手に述べている。

“The god of figure skating,” Reed said as Hanyu was introduced.

「フィギュアスケートの神」羽生を紹介して言った。

友野、3位に入る
Tomono takes third

Tomono bounced back from a dismal ninth-place showing at Skate Canada to join Hanyu on the podium in Russia. Fourth after the short program, Tomono poured it on in his free skate to “Riverdance.”

友野はスケートカナダで憂鬱な9位という順位から立ち直り、ロシアで羽生と表彰台に加わった。ショートプログラムの4位から、友野はフリースケート「リバーダンス」を滑り力を注いだ。

Tomono landed a pair of quads and five clean triples to earn the first senior GP medal of his career.

友野は2つの4回転と5つのクリーンな3回転を降りて彼のキャリアで初めてシニアのグランプリシリーズのメダルを得た。

Howarth liked what he saw from Tomono in his free skate.

ハワースはフリースケートでの友野から見るものが気に入った。

“That was sensational. It was a brilliant program,” Howarth stated. “He kept in character from start to finish. Kept the focus on the big jumps. Didn’t let anything go. It was a really sensible skate.”

「それはすごくセンセーショナルだった。素晴らしいプログラムだった」ハワースはそう述べた。「彼は 最初から最後までキャラクターを演じている。大きなジャンプで集中力を保った。何にも流されなかった。それはとても賢明なスケートだった。」

As he reviewed Tomono’s elements, Howarth saluted the Osaka native’s competitive balance.

salute:敬礼する、挨拶する、称賛する

友野のエレメンツをレビューして、ハワースは大阪出身の競技のバランスを称賛した。

“A mighty strong athlete both mentally and physically,” Howarth commented. “Everything he did, he did with a purpose. There was a meaning to everything. Great focus points for the judges.”

mighty:力強い、素晴らしい、非常に

「素晴らしい強いアスリートは精神的なものと肉体的なものの両方がある」ハワースはコメントした。「彼は全てあった。目的を持っていた。全てのことに意味があった。ジャッジに対してポイントを集中して素晴らしい」

(以下、フランス杯に向けての記事がありますが省略します。)

まとめ

He is old school.(彼は伝統を重んじる)という表現が印象的でした。そして、2年間も日本で試合をしてないということも。。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




フィギュアスケート英語ニュースカテゴリ

フィギュアスケート英語ニュース一覧はこちら

いつも最新ニュースとは限りません。最新投稿順。

-羽生結弦, 英語ニュース
-,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.