英語ニュース

ジェイソン・ブラウン再出発(2) Jason Brown reshapes career trajectory ahead of Skate Canada and 2022 Olympics《NEWS#2018-10-24》

投稿日:

Olympicchannelより、ジェイソンブラウンに関する記事を読みときます。

(1)に引きつづき(2)です。

ジェイソン・ブラウン再出発(1) Jason Brown reshapes career trajectory ahead of Skate Canada and 2022 Olympics《NEWS#2018-10-24》

訳などはわたしのものよりもっといいものがたくさんあると思いますので、わたしのものはあまり当てにしないでくださいね!

オリジナルはこちら

Jason Brown reshapes career trajectory ahead of Skate Canada and 2022 Olympics(2)

reshape:作りかえる、立て直す
trajectory:道筋、軌跡

新しいコーチ

Four months after moving to Toronto, as he prepared for his Grand Prix season debut at Skate Canada in Laval, Quebec, Friday afternoon, Brown had similar feelings about the difficulty of the new path he has chosen.

トロントに移って4ヶ月後、ケベック州のラバルで金曜午後に行われるスケートカナダで彼のグランプリシリーズデビューの準備をしていた時、ブラウンは選んだ新しい道についての難しさについて同じような気持ちを感じていた。

It has involved working with three Cricket Club coaches – Wilson, Lee Barkell and Karen Preston – rather than one primary coach, an arrangement he knew before signing on would be the case.

sign on:就業契約をする

一緒にトレーニングする3人のクリケットクラブコーチがいる。ウィルソン、リー・バーケルとカレン・プレストン。ひとりの主要コーチよりむしろ、契約前にそういう取り決めがあることを知った。

Just how hard it is for even an outstanding skater to start over in a completely different environment was underscored by his poor free skate and fourth-place finish at last month’s Autumn Classic International, the first time Brown had finished below second in seven Challenger Series events during his career.

underscore:強調する

いくら素晴らしいスケーターでも先月のオータムクラシックで残念なフリースケートで4位になったことで強調されたように、全く新しい環境ではじめるのはいかに大変なことか。はじめてブラウンは彼のキャリアで7チャレンジャーシリーズ大会で2位を下回った。

“I definitely learned (from Autumn Classic) it’s going to take time to fully transition with my new team,” Brown said. “While it’s been an incredible first few months, learning a new technique is challenging.”

「新しいチームと全く新しい変化をするのに時間がかかるだろうっと(オータムクラシックから)学びました。」ブラウンは言った。「素晴らしい最初の数ヶ月の間、新しい技術を学ぶのは挑戦です」

4回転を跳びたい

Orser has been reworking Brown’s jump technique, hoping to find the method that will allow him to land a fully-rotated quadruple jump for the first time in competition.

オーサーはブラウンのジャンプ技術をやり直している。試合ではじめてきちんと回りきった4回転ジャンプを着氷できるようなやり方を彼に見つけてあげたいと願っている。

Lack of a quad has put Brown at a considerable competitive disadvantage.

4回転がないことがブラウンにとって著しく競技で不利にさせている。

His spins and footwork sequences and flourishes like the split jumps are nearly always brilliant.  But they didn’t add up to enough points as rivals began ching chinging scores by routinely landing two quads in the short program and three or more in the free skate.

ching:チンという音

彼のスピンやフットワーク、バレエジャンプなどの華やかさはいつも素晴らしい。しかしそれらはほかのライバルたちがショートで2回、フリーで3回以上の4回転をいつも入れてチリリンとスコアが上がりはじめると、十分な得点が加算されてはいなかった。

These numbers are telling: at the 2015 World Championships, when he did not attempt a quad, Brown scored 248.29 points with a couple significant errors and finished fourth, 18 points from the podium; at the 2017 Worlds, with quad mania in full flower, Brown’s considerably higher score (a personal best 269.57) with just one error (a fall on a quad toe attempt) left him seventh, 34 points from the podium.

これらの得点は以下の通り:2015年の世界選手権では、ブラウンは4回転をしなくて、少しのミスで248.29点で4位、表彰台にはあと18点だった。そして2017年の世界選手権では、4回転マニアが花開く中、ブラウンは(パーソナルベスト269.57)著しく高い点をだしてたったひとつのミスで7位になった。表彰台にはあと34点だった。

“It has absolutely been frustrating not to have a quad, no denying that one,” Brown said. “I want to beat that demon.”

「4回転がないことが完全にイライラしていたことだった、そのことは否定しない。」ブラウンは言った。「あの悪魔に勝ちたい。」

Orser, 1984 and 1988 Olympic singles silver medalist, was taught a jump technique that was like climbing onto a step and rotating on the way down from there, which worked fine when triple jumps were the limit.

オーサーは1984年と1988年のオリンピック銀メダリストだが、ジャンプの技術は階段を一つ登るようなもので、そこから回転して戻るようなものだと教わった。そのことが3回転が限界だった時にはとてもよく効いた。

Now he teaches the opposite: starting to rotate on the way up, beginning with the skater having his feet together under him on the takeoff to facilitate the earlier rotation.

今は彼は反対のことを教えている。軌道を上に回りはじめて、それからより速く回転するのが容易となるように、離氷時に足を下にまとめてはじめる。

すごく大事なことを書いてあるのに、これで合っているのか自信がありません…。

Brown said he also is working on head placement and using the core differently than he had on jumps in the past. Wilson, meanwhile, is teaching him a different style of basic skating skills, including stroking.

ブラウンは頭の置き方に取り組み以前飛んでいたジャンプより違ったように体幹を使うようにしていてとも言った。そしてウィルソンはストローキングを含む基礎のスケーティングスキルの違ったスタイルを彼に教えている。

“It’s not extreme differences,” Brown said.

「究極な違いじゃないよ」ブラウンは言った。

“To an outsider’s perspective, it’s like when a golfer changes their swing.

outsider:よそ者、勝ち目のないもの

「よその視点でみたら、ゴルファーがスウィングのやり方を変えてる時みたいな」

Anyone watching from the outside won’t be thinking,

外野から見ている人は考えないだろう、

“Oh, my gosh!  Look at how amazing that swing is!’ But the golfer knows, and the golfer can feel the changes that he is going through.”

「おお、なんてことだ!あのスウィングがどれだけすごいか見てよ!だけどそのゴルファーは知っている、その変化で自分が乗り越えられると感じることができると。」

The trick is to stick with the changes even when they have yet to produce the desired results consistently.

そのトリックは、一貫して求めた結果を生み出さないといけないときでさえ、変化に固執することだ。

Brown found out how hard that was at Champs Camp, the USFS pre-season evaluation sessions, which are not open to the public or media.

ブラウンは選手権で昨シーズンの進化の時期にはとても辛いことだとわかった。公衆やメディアには公開していない。

USFSはアメリカスケート連盟?

“It’s not like I showed up at Champs Camp like, ‘I’m a whole new skater, with whole new tricks, look at me!’” Brown said. “It’s a process.”

「選手キャンプのように現れたのではないよ」「全く新しいスケーターとして、全く新しいトリックも備えている。私を見てね!」ブラウンは言った。「過程です」

He still thought the adrenaline created by showing off the beta version of Jason Brown 2.0, the one without what had been an iconic ponytail, would outweigh his doubts.

彼はジェイソンブラウン2.0のベータバージョンを見せることで作られるアドレナリンも感じていた。象徴的なポニーテールものぞいたが、それが彼の疑いより重要なことになることも。

※うーん、訳が…。

But the pressure of the situation overwhelmed his excitement, especially since he was aware of the bugs in the new system.

bugs:虫、熱狂、マニア、欠陥

しかし立場のプレッシャーは彼の興奮を圧倒した、特に新しいシステムでの熱狂に気づいていた。

“All I wanted to do was go back to what I knew,” Brown said. “I was fighting with myself, between the old way and the new way.”

「やりたいことは、知っていたことへ戻ることだけだった」ブラウンは言った。「僕は自分と戦っていた、古いやり方と新しいやり方で」

The result?

結果?

“It was. . .I don’t want to say a disaster, but the (reactions) were all over the map,” he said. “They (USFS officials) know me, and they know there is a transition, and they trust my coaching team, but there are still expectations.

all over the map:いたるところに散らばって

「うんと…。大失敗のことは言いたくないんだ、反応は至る所であった」彼は言った。「彼ら(アメリカスケート連盟)は僕を知っているし、変化があることも知っている、そして僕のコーチングシステムをしんようして、いまだきたいしてくれている。」

“I had to accept it and forgive myself. I had to take a step back and say, ‘This is where I am right now.’”

「それを受け入れないといけなかったし自分を許さないといけなかった。一歩下がってこう言わないといけなかった『ここが自分が正しいところ』だと。」

まとめ

スケートカナダがそろそろはじまってしまうのに、どうしても時間がかかり最後まで行かず、とりあえずここまでまとめてみました。ぎこちない変なところもいっぱいあります、すみません。

ジェイソン頑張ってほしいです!

急いで続きをやります…。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-英語ニュース
-, ,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.