伊藤みどり 1988カルガリー五輪 英語ニュース

パワースケーティング(伊藤みどり)⑦ Power Skating《NEWS#1991-3-10》

投稿日:

グランプリシリーズ2018アメリカ大会が始まりますが、パワースケーティングの続きです。

theNYTimesより、1991年のアーカイブです。

パワースケーティング(伊藤みどり)⑥ の続きです。とっても長いので区切りながらやっていきます。まだまだ続きます。今回は、トリプルアクセルを決め、世界選手権で優勝したことについて。

※英語学習者の端くれなので、英文解釈などの間違いがあるかもしれないことを言っておきます。

オリジナルはこちら。

Power Skating
パワースケーティング⑦

トリプルアクセル

All the jumps in the figure-skating repertoire end with the skater gliding backward.

フィギュアスケートで繰り出されるすべてのジャンプは後ろ向きに滑り終わる。

Except for the Axel, all the jumps also begin with the skater gliding backward, and the spin involves one or more complete 360-degree rotations of the body.

アクセルを除いては、すべてのジャンプが後ろ向きではじまり、体を1回またはそれ以上の完璧な360度回転を含めて回る。

With the Axel, the skater enters the jump facing forward, into the direction of the glide, so in order to land facing backward, a skater has to execute an extra half-rotation: two and a half spins for a double Axel; three and a half for a triple Axel.

アクセルでは、スケーターが滑る方向に前に向かってジャンプに入る。だから後ろ向きに降りるためには、半回転余計に周らないといけない。2回半回るのはダブルアクセル、3回半回るのはトリプルアクセル。

Jumping high enough to make three and a half spins requires tremendous strength in the legs and arms -- and superb balance. Few performers -- men or women -- have the strength to get high enough for the extra 180-degree spin.

3回転半回るのに十分な高いジャンプは足と腕にとてつもない強さが必要となる。そしてすごいバランスも。男子も女子も合わせてほとんどの選手が180度余計に必要な強さを持っていない。

1985年の世界選手権、骨折で棄権

The day before the championships, however, Ito broke her right leg in a practice session.

選手権の前の日、しかしながら伊藤は練習中に右足を骨折してしまう。

"It was just an accumulation of strains," she says, with no hint of the enormous disappointment that must have meant. She couldn't start training again for six months.

strains:負担、緊張、力み、痛めること

「ただの負担の蓄積でした」彼女は言う。ものすごくがっかりしたに違いないのに、そのそぶりもせずに。6ヶ月間再びトレーニングを開始できなかった。

1988年トリプルアクセルを競技会で決める

Ito finally landed the triple Axel on Nov. 2, 1988. Hardly anyone noticed. The occasion was a small free-skating competition in Aichi prefecture, where Nagoya is located, and Ito's feat received only local coverage.

伊藤はついに1988年11月2日にトリプルアクセルを降りた。ほとんどの人が気づかなかった。この出来事は愛知県の小さなフリースケーティング競技会で、名古屋でやっていたが、伊藤の偉業はほんのローカル放送でしか見られなかった。

The following week, however, when Ito landed the jump at the All-Japan Figure Skating Championships in Osaka, it was a different story.

次の週、しかし、伊藤は大阪の全日本選手権でそのジャンプを降りた。これままったく違うストーリーになった。

 

"I don't think too many people watching really knew what happened," recalls Hirotaro Yagami, a reporter for the daily Sports Nippon newspaper who has followed Ito's career closely.

「あまりにたくさんの見ていた人々が何が起こったのか本当に分かっていたとは思わない」と、伊藤のキャリアに近くで追っていたデイリースポーツニッポン新聞の記者のヤガミヒロタロウは回想する。

"But the next day the major national papers were all over it."

all over it:関心をもって

「だけど次の日、大手の新聞がとても関心をもって。」

By the end of the day, the whole country knew that Midori Ito had done something extraordinary, something no woman had ever done before.

その日の終わりまでに、日本中がみどりが何かとんでもないことおwしたと知った。かつて女性が誰もしたことがないことを。

カルガリー五輪、そして1989年世界選手権

Nine months before, at the Winter Olympics in Calgary, Alberta, Ito gave a dazzling free-skating performance and for the first time gained worldwide attention, but she finished just out of the running for a medal.

9か月前、アルバータ州のカルガリー冬季オリンピックでは、伊藤は目もくらむようなフリースケーティングの演技をして、はじめて世界中の注目を得た。しかし結局メダルからは外れてしまった。

It wasn't until the World Figure Skating Championships in Paris in 1989 that Ito finally managed to be strong enough in the original and free-skating programs to overcome her weak compulsory figures, becoming the first Asian skater ever to win the gold medal.

まもなく1989年パリで世界フィギュアスケート選手権があり、伊藤は何とかしてオリジナルとフリープログラムで苦手なコンパルソリーフィギュアを克服できる十分な強さを発揮し、アジアで初めて金メダルを得た。

At the end of the first day, she was well back in sixth place. Winning the second round of competition with a nearly impeccable performance -- two of the judges gave her the only perfect scores of the day -- she moved up to third place. On the final day, Ito's routine included six different jumps, including the triple Axel, and she won the title.

impeccable:申し分のない、欠点のない

初日の最後に、6位といい位置になった。2番目の協議ではほとんど申し分のない演技で勝ち、ジャッジの2人がその日唯一のパーフェクトスコアを与えた。そして3位に上がった。最終日、伊藤の演技にはトリプルアクセルを含む6種類のジャンプが含まれていて、そしてタイトルを勝ち取った。

 

The 1989 world championships were a kind of watershed for the entire sport.

watershed:分水嶺、分岐点、転機

1989年の世界選手権は完全にスポーツとしてのある種の転機となった。

Figure skating would no longer be dominated by the flowing, elegant style of European and North American skaters like Brian Orser and Katarina Witt.

フィギュアスケートはブライアン・オーサーやカタリナ・ビットのようなヨーロッパや北アメリカのなだらかでエレガントなスケーターに占められることはもはやない。

From then on it would belong to more dynamic and acrobatic performers like Ito -- and it promised, for a while, to belong to Ito alone.

それから、伊藤のようなよりダイナミックでアクロバティックな演技に属するだろう。きっと、しばらくは伊藤だけのものだろうけれど。

"She's the only woman I've seen," commented Canada's Kurt Browning, the men's gold medalist, "who could compete with the top men. Her jumping ability is incredible."

「彼女は今までで見た中で唯一の女性です」カート・ブラウニング、男子金メダリストはコメントする。「トップ男子と競えられたでしょう。彼女のジャンプ能力は信じられない。」

 

Ito's victory brought to the fore an old debate: Is figure skating essentially balletic or gymnastic? In the long run, the decision to drop compulsory figures promises to dissolve, rather than resolve, the debate.

to the fore:前面に、目立って
dissolve:解消する、取り消す
resolve:解決する、決意する

伊藤の優勝は目立って議論を持ち込んだ。フィギュアスケートは基本的には、バレエなのか、それとも体操なのか?結局のところ、コンパルソリーフィギュアをなくす決定は、討論を解決するというよりむしろ、解消するものと約束されている。

ブライアン・オーサーやカタリナ・ビット、カート・ブラウニングの名前が出てきました!

次は⑧で…。

Power Skatingの記事一覧

タグ付けしているので、こちらから、他の記事を読めるようにしています。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-伊藤みどり, 1988カルガリー五輪, 英語ニュース
-

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.