伊藤みどり 英語ニュース

パワースケーティング(伊藤みどり)⑨ Power Skating《NEWS#1991-3-10》

投稿日:2018年10月22日 更新日:

theNYTimesより、1991年のアーカイブです。

パワースケーティング(伊藤みどり)⑧ の続きです。ついに最後です。

細かくやり過ぎてついに⑨まで行くとは思いませんでした。もしたまたまこのページに来てしまった方で興味がある方は、ぜひはじめから読んでくださると嬉しいです。

※英語学習者の端くれなので、英文解釈などの間違いがあるかもしれないことを言っておきます。

オリジナルはこちら。

Power Skating
パワースケーティング⑨

後悔はない

"Everybody said it was too bad," Ito notes, "but I didn't go into it with the feeling that I was defending my title. Sure, I wanted to win -- but you know, it's hard enough to be world champion even once. I did the kind of original program and free program I wanted to. I don't have any regrets."

「みんなが残念だったねと言うの」伊藤は言う。「だけど私はタイトルを守ろうという気持ちではやってなかった。確かに、勝ちたかった。だけど知ってるでしょう、一度でも世界チャンピオンになるのは十分すぎるほど難しい。私はいくぶんやりたかったようにオリジナルプログラムとフリープログラムをした。後悔はありません。」

課題の芸術面

Now, without the compulsories to worry about, Ito's one remaining vulnerability is a want of grace.

vulnerability:弱み

今、コンパルソリーの心配はなくなって、伊藤の一つの弱みは優雅さが足りないことだ。

Her scores for artistic impression are still a little low, but they have been getting better in the past two years.

彼女の芸術点のスコアはまだ少し低い、しかしここ2年で良くなってきている。

The ballet lessons she started when she was 11 are paying off.

pay off:清算する、上手く行く

11歳ではじめたバレエレッスンが上手くいっているのだ。

 

"Midori's improvement has more to do with her age," Yamada says.

have more to do with:むしろ~との関係が深い

「みどりが良くなってきているのは、むしろ年齢に関係してきている」山田は言う。

※比較対象はバレエレッスン

"She's had some experience of life now. She's centered more, and it shows up in her sense of self-expression."

「今人生経験を積んできている。より集中して、自己表現の感覚で出てきているの」

卒業、そして就職

Last April, Ito graduated from Tokai Gakuen Junior College in Nagoya (her major: home economics) and was hired by the Prince Hotels.

今年の4月、伊藤は名古屋の東海学園短期大学を卒業しプリンスホテルに就職した。

She is nominally to work in the general-affairs department of the company headquarters in Tokyo, although she continues to live and train in Nagoya.

general-affairs:庶務

東京に本社のある会社の庶務部門で普通に働いているが、彼女は名古屋に住み続け、トレーニングしている。

Like American universities, leading Japanese corporations recruit aggressively for outstanding athletes. A lot of prestige is on the line.

prestige:名声、威光
on the line:即座に、すぐに

アメリカの大学のように、トップの日本企業は積極的に優秀なアスリートを就職させている。たくさんの名声は、即座だ。

 

In Ito's case, she does not skate "for" the Prince Hotels, but her official affiliation is now the company's own skating club.

affiliation:加入、提携、合併

伊藤のケースでは、プリンスホテル「のために」スケートをしてはいない。しかし彼女の公式な加入は現在会社が所持しているスケートクラブだ。

Twice a week, on the average, she takes the train up from Nagoya to Tokyo, puts on the company uniform and shuffles some of the routine paper work normally assigned to new employees. Otherwise, she is free to do what she does best. Her salary is the same as any other first-year clerk's: about $1,100 a month.

2週間に1回、平均して、名古屋から東京に行ってトレーニングを受けている。会社のユニフォームを着て新入社員に与えられた通常のペーパーワークをシャッフルする。そうでなけえれば、彼女が一番にいいことをするのに自由だ。彼女の給料は他の1年目の事務員と同じである。約月11万円。

や、安い…。当時の新入社員はこんなものなのかな…?

西武グループ

It was natural that Ito would join the Prince Hotels.

伊藤がプリンスホテルに入社したんだから、当然のことだ。

The Prince chain is the flagship company of the Seibu Railway Group.

flagship:最高の、最大の

プリンスチェーンは西武鉄道グループで最大の会社だ。

Its chairman, Yoshiaki Tsutsumi (according to the Sept. 10, 1990, Fortune magazine, the seventh-richest man in the world), is the eminence grise of Japanese winter sports.

eminence grise:黒幕

オーナーの堤義明(1990年9月10日のFortune magazineによると、世界で7番目の金持ち)は、日本のウィンタースポーツの黒幕である。

The Seibu Group sponsors the strongest hockey team in Japan's company league; operates 34 ski resorts, and owns 11 of the country's 200 or so hockey rinks, including the sites of the last three All-Japan Figure Skating Championships.

西武グループは日本企業リーグの最も強いホッケーチームのスポンサーをしている。34のスキーリゾート、200ほどあるホッケーリンクのうち11を所有し、前回の全日本フィギュアスケート選手権の場所も含まれている。

1990/1991シーズン

So far, the current season -- which ends this week in Munich -- has not been good for Midori Ito.

それまで、現在のシーズンは、今週のミュンヘンで終わるが、みどりにとってはよくはない。

At the Skate America competition last October in Buffalo, she placed second to Kristi Yamaguchi.

バッファローで10月に行われたスケートアメリカ大会で、彼女はクリスティ・ヤマグチに次いで2位だった。

Her performances in January at the national championships in Yokohama were good enough to win, but most observers agreed they were cautious and uninspired.

1月の横浜の全日本選手権の演技は勝つのに十分よかったが、ほとんどの観客は慎重で、そして平凡だったとみている。

 

"Midori's legs haven't been in really good shape for a while," Yamada explains.

「みどりの足はしばらくいい状態にない」山田は説明する。

"She had that break in 1985, then trouble with her knees -- one thing after another.

「1985年に骨折して、それから膝もトラブルを抱えて、次から次へと」

She could ignore all that when she was 18; now she doesn't have the same stamina.

「18歳になってそれらすべてを気にしないようにできたが、今は同じようなスタミナは持ってない」

Katarina Witt used to have two or three different triple jumps at most in her programs; that's why she could compete until she was 22 or 23.

「カタリナ・ビットはプログラムでせいぜい2~3種類の3回転ジャンプだった。だから彼女は22、23まで競技ができたのよ。」

Midori has five different triples and the triple Axel, and her jumps are higher than anybody else's."

「みどりは5種類の3回転とトリプルアクセルがあって、他の誰よりも高くジャンプする」

 

Ito cut back considerably on competition appearances for the 1990-91 season, saving herself for Munich.

cut back:縮小する

伊藤は1990-1991年シーズンはかなり競技会の出場を縮小した。ミュンヘンに備えて。

She has also adopted a less demanding training schedule.

さらに減らしたトレーニングスケジュールで対応してきた。

(For every week of practice, she spends three to five days in a Prince-owned hotel at the Yunohana hot springs in Hakone, a resort area near Mount Fuji.)

(毎週の練習では、富士山にほどちかいリゾート地の、プリンスホテルが所有する箱根の湯の花温泉ホテルで3日から5日過ごす)

Then, in late January, she was briefly hospitalized for removal of a stone in a salivary gland.

salivary gland:唾液腺

そして、1月後半、唾液腺にある結石を取り除くために短い入院をしていた。

ちなみにここが箱根湯の花プリンスホテルです。みどりさんがいた頃はわりとできて数年くらいだったのですね。

伊藤みどりの将来

Ito tends to turn aside questions about her retirement from amateur figure skating or about her future plans.

turn aside:わきへよける、そらす

伊藤はアマチュアのフィギュアスケートからの引退や将来の計画についてのしつもんはそらしがちだ。

"I like to take one season at a time," she says. "I have this vague feeling that the Olympics are coming up, and it would be great if I could go, but right now I just want to do well in Munich."

「ワンシーズンをしたいと思う。」彼女は言う。「オリンピックがやってくるという漠然とした気持ちがある、そこに行けたらいいだろうな、と思うけど、今はミュンヘンでいい演技をしたいだけ。」

"The Olympics," her coach says, "will probably be the last time Midori competes as an amateur."

「オリンピックは」彼女のコーチは言う、「みどりがアマチュアとして試合をする最後の時期になるだろうね」

 

One career Ito absolutely rules out is coaching. "She's been watching me do what I do for 15 years now," Yamada says, "and she admits she hasn't got the temperament for it."

rules out:除外する

伊藤が絶対に除外するキャリアの一つが、コーチをすることだ。「彼女は私がすることを15年も見ているの」山田は言う。「彼女はコーチをする性格は持ってないと認めている。」

現役時代にすでに向いてないと認めてしまっていたのですね…。コーチのみどりさんも見てみたかったな…。

Skaters of Ito's stature occasionally turn professional -- become entertainers in ice shows and exhibitions -- and this she finds attractive, although the chances are slim that she would find the backing in Japan to develop and produce her own show.

stature:偉業、達成、才能、身長
backing:後援、支持

伊藤のような偉業のあるスケーターたちは時折プロに転向し、アイスショーやエキシビションでエンターテイナーとなる。そしてこれが彼女にとって魅力的にうつっているものだ。チャンスはわずかだが日本で後援し彼女のショーを発展させてプロデュースしていくのだろう。

Would she join an existing show? Hire an agent? Skate abroad?

彼女はエキサイティングなショーに参加するだろうか?エージェントを雇うのか?海外でスケートするのか?

 

"What should I do, what should I do?" she says, and the stern little face wrinkles in dismay.

stern:厳しい
wrinkle:しわを寄せる
dismay:狼狽、うろたえ

「何をすべきか、何をすべきだろう?」彼女はいう。小さく厳しい表情でうろたえてしわを寄せる。

"I really don't know." It's hard to take that dismay seriously. Midori Ito, after all, has been thinking about what she wants and how to get it since she was 4 years old.

「本当に分からない」真剣にその狼狽を取るのは難しい。伊藤みどりは結局、4歳から何が欲しくてどうやって手に入れるのかを考え続けているのだった。

以上です!

あとから回想して書いた記事ではなく、1991年の世界選手権前に書かれた記事とのことで、当時の評価がありありと分かってとても興味深かったです。しかもこんなに長文を海外の新聞が熱心に書いてくれたことがとても嬉しい。コンパルソリー事情や、プリンスホテルに就職したあたりはあまり知りませんでした。

ご存知の通り、他選手との衝突があってこの後に行われた世界選手権は4位と…。それでもアルベールビル五輪の代表枠が掛かって満身創痍で戦ったみどりさん。見るのはちょっと辛いけど、これも名演技に入ると思ってます。

Power Skatingの記事一覧

タグ付けしているので、こちらから、他の記事を読めるようにしています。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-伊藤みどり, 英語ニュース
-

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.