羽生結弦 英語ニュース

羽生結弦、紀平梨花、シーズン初戦首位 Yuzuru Hanyu and Rika Kihira top podium in season debuts《NEWS#2018-9-25》

投稿日:2018年9月26日 更新日:

the JapanTimesより、2018年9月25日の記事から、羽生結弦と紀平梨花のシーズン初戦を優勝したことについて。

長いので、ざっくりと意訳を混ぜながらです。

Yuzuru Hanyu and Rika Kihira top podium in season debuts
羽生結弦と紀平梨花、シーズン初戦を首位で飾る

羽生結弦、オータムクラシック首位

Yuzuru Hanyu and Rika Kihira continued Japan’s winning ways over the weekend by claiming the Autumn Classic International and the Nepela Trophy in varying fashions.

Hanyu began his season with an inconsistent performance in Oakville, Ontario. Though the two-time Olympic champion topped the podium with a total score of 263.65 points to best South Korea’s Cha Jun-hwan (259.78), it was not the kind of effort Hanyu was happy with and he said so afterward.

inconsistent:矛盾する、気まぐれな、無節操の

In an unusual occurrence, Hanyu struggled with his spins in both the short program and free skate. He had one spin invalidated in the short program and got level threes on the others, and also fell on his planned quad salchow while doing just one combination jump in the free skate.

(ざっくりと意訳)羽生結弦と紀平梨花は週末のオータムクラシックとネペラ杯を制し、日本の勝利の道を続かせた。羽生のシーズンはオンタリオ州オークヴィルで一貫性のない演技ではじまることとなった。ジュンファンにトータル263.65ポイントで優勝するが、羽生にとっては満足とは言えず、のちにそう語る。

いつもと違って、羽生はショートとフリーでスピンに苦しみ、ショートでは無効になってしまうし他はレベル3に。予定してた4回転サルコウは転倒しフリーでのコンビネーションはたった1回だった。

“My first competition of the season is always this level, unfortunately,” NBC Sports quoted Hanyu as saying. “I wanted to skate my short and free without any regrets here, and I was not able to do that.”

「このシーズンの初めての試合はいつもこんなレベルなんです、残念ながら」NBCスポーツは羽生の話したことを引用した。「後悔なしでショートもフリーもスケートしたいです、でもできませんでした」

The superstar said he does not have the necessary stamina he needs this early in the season.

そのスーパースターは、シーズン初めに必要なスタミナが不足していたと話した。

 

“I was not strong enough to skate this program yet,” Hanyu added. “I feel fine, I am not injured. Another program, maybe (last season’s) ‘Seimei,’ I might have been able to do well, but not this program. I am just not ready.”

「まだこのプログラムを滑るのに必要な強さがなかった」羽生は加えた。「状態はいいし、ケガもしてない。ほかのプログラム、SEIMEIではたぶん、上手くやれたかもしれないけど、このプログラムでは違った。まだ準備できてない」

 

Perhaps the biggest news that emerged out of the Autumn Classic was the revelation that Hanyu was practicing a quad toe loop/triple axel combination and appeared ready to insert it into his free skate.

Though he did not execute it in the free skate, the mere fact that he contemplated it caused a buzz. Had the Sendai native pulled off the difficult combo, he would have been the first skater in history to achieve it in competition.

With several weeks before his next event, the Helsinki Grand Prix in early November, don’t be surprised if Hanyu establishes another first by pulling it off.

(ざっくりと意訳)たぶん一番のニュースはオータムクラシックで羽生が4回転トゥループ・3回転アクセルのコンビネーションを練習してたことを明らかにしたことだ。しかもそれをフリープログラムに入れる準備を見せてた。

フリーではできなかったけれど、彼がそれをしようと考えていたことが話題となった。その難しいコンビネーションをやっていたら、試合で実現させた初めてのスケーターとなるはずだった。

次の試合まであと数週間、11月はじめのヘルシンキグランプリシリーズでは、羽生がそれをして、さらにほかの初めてのことをしたとしても驚きはない。

紀平梨花、センセーショナルなシニアデビュー

Kihira, meanwhile, tore it up in Bratislava, Slovakia, winning by more than 25 points with 218.16 over Kazakhstan’s Elizabet Tursynbaeva (192.30), and putting on a show in the free skate by hitting eight triples including two clean triple axels.

The 16-year-old from Nishinomiya, Hyogo Prefecture, seems primed for a breakout season in her senior debut campaign. Outside of a shaky landing on her final jump (a triple salchow), Kihira was sublime to “Beautiful Storm.”

sublime:荘厳な、崇高な、雄大な、すごい、卓越した

(ざっくりと意訳)一方の紀平、スロベキアのブラチスラヴァでエリザベータ・トゥクタミシェワの192.30を25ポイントも上回って218.16ポイントで優勝、フリーでは、2つのクリーンなトリプルアクセルを含め、8トリプルを決めた。

兵庫県西宮市出身の16歳はシニアで強烈デビュー。最後のトリプルサルコウは着氷があやしかったものの、抜群の「Beautiful Storm」だった。

Ice Time、羽生のプログラム気に入る

Ice Time likes both of Hanyu’s new programs “Otonal” (short) and “Origin” (free) and believes he will be fine once he has had more time work with them. The key point is that Hanyu does not want to be peaking in the first event of the season, but later when it comes to competitions like the Grand Prix Final and world championships.

Ice Timeは羽生の新しいプログラムの「Otonal」(ショート)も「Origin」(フリー)も気に入っていて、彼がそれに時間をかけて取り掛かっていいものにしてくれると信じている。キーポイントは、羽生がピークををもって行きたいのはシーズン初めじゃなくて、むしろ後半のグランプリファイナルや世界選手権の試合の方だ。

 

“He knows how to use the momentum,” noted announcer Ted Barton on the webcast of the Autumn Classic. “Look at the mohawks into this quad salchow. Just brings the speed and momentum straight up in the air. Right underneath, that landing foot was with great speed and flow carrying him out of the jump.”

「彼は勢いを使う方法を知っている」オータムクラシックのウェブキャストのアナウンサーのテッド・バートンは述べた。「4回転サルコウに入るモホークを見てごらん。スピードと勢いを空中にそのまま持っていっている。すぐ真下では着地の足がいいスピードと流れがあって、ジャンプへとつながっていく」

モホークって調べるとモホーク族とか出てくる…。関係あるのかなあ。

Barton’s broadcasting partner Debbi Wilkes liked Hanyu’s short program.

バートンのパートナーのデビー・ウィルクスの羽生のショートが気に入った。

“That was really a beautiful approach to this program,” Wilkes stated. “It started out so understated. The movements were very minimal and then ka-pow, hit the footwork and kind of came to this whole other level of energy.”

understate:控えめに言う
ka-pow:銃の音、パンパン

「このプログラムに対する本当に美しいアプローチだった」ウィルクスは述べた。「とても控えめな始まりだった。動きはすごく小さくて、それからパンパンとしたフットワークがはじまり、別のレベルのエネルギー全体まで来てしまった感じ」

パンパンってのは最初の音楽で「ドンドン」みたいなことを言っているのか、それとも全体的な印象を通して比ゆ的な表現なのか?ちょっと分かりません…。映像見返してみたら、映像のスローの時に話していて、足さばきについて表現してるようでした。

Barton was effusive in his praise of Hanyu after the short program.

effusive:あふれるばかりの

バートンは、ショートプログラム後に羽生に対してあふれるばかりの賛辞を表した。

“An extraordinary skater,” Barton commented on Hanyu. “I watch a lot. It’s my life. When you watch him, it’s just everything that you hope skating would be, can be and is.”

extraordinary:並外れた、けた違いの

「並外れたスケーターよ」バートンは羽生についてコメントした。「たくさん見ている。私の人生だから。彼を見ると、スケートってこうあって、こうできて、そのものだ、という希望がそこにすべてあるの」

分かるようで、なかなか難しいですね…。スケートの理想、って感じのことを言いたいのかな、と思います。

Following Hanyu’s free skate, Barton refused to be negative.

羽生のフリーについてはネガティブなコメントは避けた。

“From the sport perspective, it wasn’t perfect,” Barton remarked. “But from a performance perspective, in a moment, it was magic.

「スポーツの観点から言うと、パーフェクトではなかったけれど、」バートンは述べた。「演技の観点からは、あの瞬間、魔法だった」

“He pays, and the coaches pay, attention to every detail, because he is capable of doing every detail,” Barton continued. “At this point in history, he is probably the best men’s skater ever. . . . It’s an honor to be in the building when he skates.”

「彼も、コーチたちもまた、すべてのディテールに注意を払っている、なぜなら彼はすべてのディテールができる可能性があるから。」バートンは続けて言う。「歴史上この時点で、かれは多分史上最高の男子スケーター。彼が滑る時にこの会場にいられて光栄です」

再び、紀平梨花の話題へ

Kihira’s performance in Slovakia will come as no surprise to one person — choreographer David Wilson. He arranged her short program this year to “Clair de Lune.”

“She is amazing. She really sparkles,” Wilson told Ice Time during the summer about Kihira. “She is really talented technically. I was really thrilled because she has a great ear for the music.”

Wilson has worked with enough great skaters to know when he has come upon something special.

“Rika knows how to move her body. She is open in her facial expressions and she is happy,” Wilson stated. “She loves it. There is nothing she is really missing. It will be nice to watch her blossom and solidify what she has got.”

solidify:固める

(ざっくりと意訳)紀平のスロベニアでの演技は驚きをみせることはなかった。振付師のデヴィッド・ウィルソンに対しては。今年のショート「Clair de Lune」の振付をした。「すごいよ、光り輝いている」ウィルソンはIceTimeに夏の間そう話した。「技術的に才能があって、音楽に対して耳がとってもいいんでびっくりだ」ウィルソンはこれまでたくさんのスケーターと仕事をして、特別なものに出会うときってのが分かる。「梨花は体の動かし方が分かってて、表情を出して幸せで、彼女失っているものがない。彼女が花開いてきて、やることが固まってきたらいいよね。」

樋口新葉の厳しいスタート

Rough start for Higuchi

World silver medalist Wakaba Higuchi (167.01) finished a disappointing fifth at the Autumn Classic in her season debut after struggling with her triple flip in both the short and free.

It was downgraded in Higuchi’s short program to “Energia” and she fell on it in the free skate to “The Four Seasons.” The flip issues along with the fact that she only did one combination in the free kept her from making the podium.

American Bradie Tennell (206.41) was the surprise winner over two-time Russian world champion Evgenia Medvedeva (204.89) in Canada.

Barton liked what he saw from Higuchi even when she was clearly not at her best.

(ざっくりと意訳)オータムクラシックでのシーズンデビュー、世界選手権銀メダリストの樋口新葉は167点で5位と残念な結果に終わった。ショートフリー共にトリプルフリップに苦労した。

ショートの「Energia」はダウングレード、フリーの「四季」は転倒した。フリーの問題でコンビネーションが1つしか決まらずに、表彰台を逃した。

アメリカのブラジー・テネルは206.41で2回の世界チャンピオンのエフゲニー・メドベージェワを破り驚きの優勝へ。

樋口は明らかにベストじゃなかったとバートンは語った。

“She explodes off the ice. Great height,” Barton commented after her short program. “I like the fresh approach to her program. It’s different.

「彼女は氷を降りて感情を爆発させた。とても」バートンは彼女のショート後にコメントした。「私は彼女のプログラムの新鮮なアプローチがすきだけど、違った」

“We’ve watched this young lady grow up over the years and change the sophistication and the entertainment and the approach to the programs,” Barton continued. “I like this. I think it is a good direction. She’s a really good skater.”

「私たちはこの若い女性が何年にもわたって成長して、プログラムに対して、洗練して、エンターテインメントにして、アプローチしてきているのを見てきた。」バートンは続ける。「私は好き。いい方向だと思う。彼女は本当にいいスケーターだ」

 

Barton was amazed by Higuchi’s natural talent in the free skate.

バートンはフリーでの樋口の自然な才能についても驚いた。

“The first thing that comes to mind is sheer power and effortless acceleration,” Barton said. “Some people push themselves to get speed. She looks like she’s got motorized blades. She carries the flow so easily.”

「はじめに思いついたのは、全体的なパワーと力みのない加速。」バートンは言った。「何人かは押してスピードを得てる。彼女はブレードをモーターライズしてるかのよう。流れをいともたやすく持っていけるんだ」

Wilkes admired Higuchi’s final spin in the free.

ウィルクスは樋口のフリーの最後のスピンを褒めた。

“Beautiful layback spin. Perfectly centered all in one spot on the ice,” Wilkes observed.

「美しいレイバックスピン。氷上で1点を中心に完璧」ウィルクスはじっと見ていた。

田中刑事、3位に

Tanaka lands bronze

Keiji Tanaka (221.92) brought home the bronze in the men’s event at the Nepela Trophy. He made the podium behind Russia’s Mikhail Kolyada (274.37) and Sergei Voronov (239.73).

(ざっくり意訳)ネペラ杯で、田中刑事は221.92点で銅メダル。ミハイル・コリヤダは274.37で優勝、セルゲイ・ヴォロノフが239.73で2位。

三原舞依、本田真凛、ネーベルホルン杯へ

Mihara, Honda ready to go

The Challenger Series continues this week in Germany with the Nebelhorn Trophy, the sixth event of the 10-competition campaign. Mai Mihara and Marin Honda will skate for the Hinomaru in Oberstdorf against a lineup that includes reigning Olympic champion Alina Zagitova.

The Nebelhorn will mark the season debuts for both Mihara and Honda.

Japan does not have any skaters entered in the men’s field.

(ざっくりと意訳)今週のチャレンジャーシリーズはドイツのネーベルホルン杯で続く。10のうち6個目。三原舞依と本田真凛、そしてオリンピックチャンピオンのアリーナ・ザギトワが参戦予定。

ネーベルホルン杯は三原と本田にとってシーズンデビューだ。日本男子の参加予定はない。

Junior season resumes

The Junior Grand Prix starts up again this week in Ostrava, Czech Republic, with the fifth stop on the eight-city circuit. Nana Araki and Shiika Yoshioka will represent Japan in the women’s field, while Mitsuki Sumoto skates in the men’s event.

Sumoto was second at the Slovakia JGP in August, while Yoshioka was third at the Austria JGP in her first assignment.

This will be Araki’s first JGP of the season, after she withdrew from the Lithuania JGP earlier this month due to illness.

(ざっくりと意訳)ジュニアグランプリシリーズは8都市中5番目まで。荒木菜那と吉岡詩果は日本代表として参加、男子は須本光希が出る。須本は8月のスロバキアで2位だった、一方吉岡はオーストリアで3位だった。病気でリトアニアを欠場したため、荒木にとっては、はじめてのジュニアグランプリシリーズとなる予定。

まとめ

ざっくりと大急ぎでやってみたけれど、2時間くらいかかってしまった…。でも途中で投げ出したくなくて最後までやってみた…。もう少し部分的に扱ったり、頑張りすぎない程度にやりたかったんですが。かなり荒いので間違いもきっとあるかと思います。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-羽生結弦, 英語ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.