ISU biography

アレキサンダー・マヨロフ Alexander MAJOROV《ISU Biography》

投稿日:2019年5月24日 更新日:

ISUのサイトに掲載されている各選手のBiographyのコメントを訳してみました。

スウェーデン代表のアレキサンダー・マヨロフ選手です。(last update: 04.05.2019)

趣味:ロードバイク、ロングボードライディング、ギター演奏

Majorov is coached by his parents. He is originally from Russia, but he moved as an infant to Sweden as his parents started coaching there. His younger brother Nikolai competes at the international junior level in figure skating. Majorov is the first skater from Sweden to medal at the ISU World Junior Figure Skating Championships (bronze in 2011) and the first Swedish figure skater to medal at an ISU Championships since Vivi-Anne Hulten won the bronze at the World Championships in 1937. He holds a diploma as a physiotherapist and plans to retire from competing following the 2018/19 season.

diploma:免状、卒業証書
physiotherapist :理学療法士

<訳>マヨロフは両親にコーチしてもらっている。もともとはロシア出身だが、幼児の時にスウェーデンに移ってそこで両親がコーチをはじめた。弟のニコライはフィギュアスケートでジュニアの国際レベルで競技している。マヨロフはISUジュニア世界選手権大会でメダルを取った初めてのスウェーデン出身の男子スケーター(2011年銅メダル)であり、1937年世界選手権でビビ=アンネ・フルテンが銅メダルを取って以来のスウェーデンフィギュアスケーターとなった。理学療法士の免許を持ち2018/19シーズンの翌年から競技から引退する予定。

ISU Biography リスト

ブログランキング

「いいね」と思ったらこちらをクリックしてください!

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-ISU biography
-

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.