ISU biography メドベージェワ

エフゲニア・メドヴェージェワ Evgenia MEDVEDEVA《ISU Biography》

投稿日:2019年5月23日 更新日:

ISUのサイトに掲載されている各選手のBiographyのコメントを訳してみました。

ロシア代表のエフゲニア・メドベージェワ選手です。(last update: 04.05.2019)

趣味:音楽、ショッピング、外国語学習

Medvedeva is a silver medalist in the team event of the 2018 Olympic Winter Games. She is the first Lady to win the World Junior title and the World title the following year. She looks up to 2006 Olympic Champion Evgeni Plushenko. She missed the GP Final and Nationals in December 2017 as well as the 2018 World Championships as she was recovering from a stress fracture in her right foot. Medvedeva switched coaches following the 2017/18 season and has relocated to Toronto for training. Coach Brian Orser is the 1984 and 1988 Olympic silver medalist.

stress fracture:疲労骨折

<訳>メドベージェワは2018年オリンピック冬季大会の団体戦の銀メダリスト。初めて世界ジュニアでタイトルを取って次の年で世界タイトルを取った女子選手である。2006年オリンピックチャンピオンのエフゲニー・プルシェンコを尊敬している。2017年12月のグランプリファイナルとナショナルは出られず、同様に右足の疲労骨折からの回復のため2018年の世界選手権は出られなかった。メドベージェワは2017/18シーズンの翌年からコーチを替えてトロントにトレーニングするため拠点を移した。コーチのブライアン・オーサーは1984年と1988年のオリンピック銀メダリスト。

※アリーナ・ザギトワと同様、平昌五輪のシングル銀メダルについて書かれてないのはなぜだろう。

ISU Biography リスト

ブログランキング

「いいね」と思ったらこちらをクリックしてください!

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-ISU biography, メドベージェワ

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.