ライト層だったころ 浅田真央 高橋大輔 2006トリノ五輪

ライト層だったころの記憶「トリノ五輪」

投稿日:2018年8月31日 更新日:

トリノオリンピック前に真央ちゃんフィーバー

トリノオリンピックが始まる前に、真央ちゃんフィーバーが来ていたのはよく覚えています。あの時は小さな子を抱えた主婦だったので、情報番組だけはよく見ていたからです。

しかも、トリプルアクセルをバンバンとんで、軽やかにバレリーナのような演技をする女の子で、「天才少女現る!」という感じでした。

みどりさんと同じトリプルアクセルを武器にしながら、みどりさんとはタイプが違い、細くて手足が長い、可憐な感じの女の子。ジュニアながらグランプリファイナルで優勝しちゃった!と話題でした。

でも、トリノオリンピックには年齢制限で出られない…。それは韓国のライバル、キムヨナも同じでした。

真央ちゃんが出られないなら仕方ないか、と期待してなかったトリノオリンピック(あくまで私が、です)。そしてその頃、安藤美姫さんは認知していました。なぜなら、「トリビアの泉」に出演してたことを覚えていたからです。

失礼ながら、荒川静香さんと村主章枝さんはトリノオリンピックではじめて認知しました

確かテレビでは、オリンピックには出られないけれど、真央ちゃんすごい!だったり、四回転が飛べる安藤美姫さんを中心に報道されてばかりだった記憶があります。なので、フィギュアに興味がないライト層はたぶん私のように荒川さんを認知してなかったのはないでしょうか?

トリノオリンピック、開幕するもメダルなし…

トリノオリンピックでは、それまで日本人誰一人メダルがありませんでした。金どころか、銀も、銅も…。

重い空気だったので、私も期待することなく競技はとくに期待せず見ていませんでした。

昔から私はオリンピックはテレビで誰が有力候補なのか知ってから「じゃー見てみるか」みたいな感じで、それも本当に興味があるものだけでした。

フィギュアは日本人が活躍してないときでも、トーニャ・ハーディングの事件とか、ミシェル・クワンの活躍など色々話題性があったのですが重い空気だったのもあり、フィギュアも見てませんでした。

ただ、ショートプログラムで荒川静香さんが3位といい位置につけたというニュースは見ました。

そして、フリーは朝に演技だったので、朝起きたらすでに荒川静香さんの金メダルのニュースでにぎわってました。もう少し早く起きていれば生放送が見られたところでした。

私はとてもビックリして、興奮しました。

「日本人はいつも肝心なところで金メダル取れない」という私の勝手なネガティブ思考があったので、まさかの金メダルとは。

しかも、伊藤みどりさん以来のメダル!金メダル!スゴイ!スゴイ!

Embed from Getty Images

それからテレビは荒川静香さんのトゥーランドット一色で、イナバウアーが流行語になるほど流行りました。「トゥーランドット」というオペラ音楽を知ったのも荒川静香さんがきっかけ。

確かどなたかの解説で、「3-3」を「3-2」にしたとかなんとか言っていましたが、当時は「勝ったんだから細かいことはどうでもいい!」と思ってました。

しかし、せっかく荒川静香さんに興味を持ったばかりなのに、その後すぐ引退してしまいました。24歳でメダルを取るまで長い道のりだったことも後から知ったのでした。長野オリンピックに出てたことも全然知りませんでした…

男子枠代表選考のいざこざ

ちなみに男子ですが、その頃高橋大輔さんと織田信成さんは認知していました。しかしながら女子の全日本選手権がゴールデン放送なのに、男子は深夜放送という扱いの悪さは覚えています。確かトリノの代表で織田君にいったん決まったのに、後で「計算間違ってました」と取り下げて高橋大輔さんに決まったんですよね。そのニュースはYahoo!で見ました。「ヒドイ!」と思いました。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-ライト層だったころ, 浅田真央, 高橋大輔, 2006トリノ五輪
-, , ,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.