羽生結弦 ライト層だったころ 宇野昌磨 フィギュアスケートあれこれ

選手とメディア露出

投稿日:

ライト層はオリンピックしかみないに関連して。

以前はメディアで賑やかだったが…

mojzagrebinfo / Pixabay

2017年、浅田真央さんが引退し、それまで色んな選手たちが賑わっていて、急に寂しくなった印象…。

でもそれは、メディアによく出ていたか出ていなかったかの違いも大きいんじゃないかと。だから、ライト層はメディアに出てこない選手のことはよく知らない、という感じ。

この場合のメディアは、スポーツニュースだけではなく、他のテレビ番組やCM、雑誌、広告なども含みます。

もしかしたら、浅田真央さんはじめ、高橋大輔さんや織田信成さんなどは、メディアに出るのが負担だったかもしれない。(意外と好きだったのかもしれないけど)。

けれども、メディアによく出てくれるからみなよく知っている、だからフィギュアもよく見る、という流れが上手くできていた。それに、彼らはちゃんと実力も兼ね備えていたから、ただ人気があっただけじゃなかった。

ソチ五輪で羽生くんが金メダル候補なのを知らなかった

私はソチ五輪の時は、メディアにあまり出てこなかった羽生選手が金メダル候補になっていたなんて知りませんでした。羽生選手は全日本で見る子、という意識しかなかったので、実力も本人のことも、よく知らなかったのです。

だから羽生くんがソチで金メダルを取った時は、「あれ、注目されてたっけ?」と思ったくらいです。

今になって、色々と事前番組などあったと分かりましたが、当時の私は本当に知らなかったんです。

ソチの羽生くん以上に、宇野昌磨の金メダル候補も知らなかった

宇野昌磨くんのことはいつの間にか2番手の男子選手として台頭してきたらしい、ということを知ってたくらいです。それもおそらく、平昌五輪直前くらい。羽生くんの対抗馬の一人として紹介されてた感じだったような。

かつての高橋大輔さん、織田信成さんなどの賑わいと比べてずいぶんおとなしい感じだったのもあって、銀メダルを取った時は「あれ、注目されてたっけ?」と思いました。そんなに強いだなんて知らなかったよ、みたいな。

たぶん、羽生くんのソチ前の時と同じように色々紹介されてたのかもしれないけれど、私自身は本当に知らなかったんですよね…。

今の選手はあまりメディアに出てこなくなった

例えば高梨沙羅さんを知らない人はあまりいないと思いますが、高梨沙羅さんのジャンプをオリンピック以外で見たことある人はそんなに多くないと思います(高梨さんすみません)…。

でも、高梨さんのことは知っている。それは、CMとか、テレビでよく見るから。

「炎の体育会」に出てくるのはハビエルだったりメドベージェワだったり。今の日本の現役選手あまり見ないかも。。

(毎回毎回見てるわけじゃないが)この間樋口新葉さんを見たけれど、扱いが小さかったな…。

今は、羽生くんをはじめ、宇野くんも、滅多にメディアに登場しません。この二人はあまり好きじゃなさそう。

女子選手も宮原さんをはじめ、坂本さん(平昌以降はたまに見るが)や樋口新葉さん(炎の体育会TVで見たが)なども、あまりメディアに出てくる感じじゃなく…。

例外は本田姉妹

本田真凛選手は本田望結の姉であり、世界ジュニア優勝があってかなり取り上げられている印象。ただ、宮原さんほどのトップ選手では…ない。

それでも、本田姉妹はよく見るから、彼女たちのことはまあ知ってるという人が多いと思う(でも演技は見たことない人が多いだろう…)。うちの親でさえ「凄いわねー兄弟4人も」とよく話題にするから…。

長女を育て、四女に教わった 本田家流 子育てのヒント

メディアの露出もやりすぎは嫌われるが貢献も大きい

メディアに出てくるということは、選手の負担も大きいけれど、フィギュアスケート人気を上げるのにも悪いことばかりじゃない。でもアスリートだから結果を出さなきゃいけないし、練習を休んでバラエティとかばかり出てるわけにもいかない…。難しいけれど、かつてのにぎわった感じがないのはちょっと寂しく思う。

今は織田信成くんや村上佳菜子さんがバラエティ番組によく出てきて話をしてくれることによって、フィギュアスケートの人気を助けてくれていると思う。とくに織田君は、羽生くんのすごさなどをとても分かりやすく説明してくれるから無知の私でも「なるほどそうなんだ!」と理解しやすくなりました。

(そういう意味では、元サッカーなでしこジャパンの丸山桂里奈さんの露出は謎だけど…。)

ちなみにこの間にやっていた関ジャニのフィギュアスケートの音楽に関する番組はとても面白かった。ライトな人たちは、すごいなと感じる部分はあっても、技術的なことは全然分からない。それを音楽と採点について切りこんでくれて分かりやすかった。

面白かったけれど、紹介されるスケーターが過去の選手ばかりなのが残念。せめて平昌五輪とか、現役の選手の紹介もあればなあ…。そうすれば選手の知名度アップにもつながるのに…。

スポンサーリンク

メディアの悪いところと受け取る方のずれ

メディアの悪い癖と受け取る方の問題もあるのですが、やはりメディアが多くプッシュしている選手とそうでない選手は、ただぼんやりとテレビを見ているライト層にとっては、プッシュしている選手しか本当に知らないものです。その競技をじかに見てないことも多く、概ね情報番組で切り取られた部分だけ。

だから、扱いが小さいが実力のある選手もいれば、扱いが大きいのに実力の小さい選手もいたり…。

また、ほんの数年前のイメージをずっと持ち続けていたりもするものだから、世代交代に気づかなかったり…。(で、知るのが4年ごとのオリンピックという)

ちゃんと実力で優勝したのに、メディアは別の選手やチームのドラマチックだった方や、知名度の高い方を多く報道してしまう…ということもあるし…。

人気がないと認知されないし、盛り上がらないと認知されないし、難しいところではありますが…。

競技の知名度、人気アップや盛り上がりに貢献するならば、メディアはとても影響が多いのですが、公平さに欠けるなあということもあります(でも受け取る人のほとんどは気づかない場合が多い)。

そして、選手のプライバシー侵害だったり、誹謗中傷だったり、でっち上げの話題など、選手を尊重しない伝え方は辞めてほしいです。また、記者の個人的意見や趣味はもってのほかで、あってはならないと思います

芸能人とかでもそうですが、「上げよう上げよう」というものならまだ許せますが、悪質的に「下げよう下げよう」とするものも多くて、読んでいる方も傷つきます。。なんで努力しかしてない人に対してそんなことが出来るのでしょう…。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-羽生結弦, ライト層だったころ, 宇野昌磨, フィギュアスケートあれこれ
-, , ,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.