フィギュアスケートデータ

女子歴代オリンピックメダリスト、生年月日順

投稿日:2018年10月29日 更新日:

男子に引き続き、女子の歴代のメダリストの初メダル年齢を生年月日順にまとめてみました。

1908年のロンドンオリンピックから、2018年の平昌オリンピックまで、全部で25大会あり、メダリストは61人いらっしゃいました(男子は60人)。75個分のメダルの数ですが、複数メダル所持者はなんと14人!

歴代女子シングルメダリスト生年月日順

名前 初メダル年齢 生年月日 備考
マッジ・サイアーズ 27 1881/9/16 1908金
ペア銅
ドロシー・グリーンハウ=スミス 26 1882/9/27 1908銅
エセル・ミューケルト 38 1885/5/30 1924銅
エルザ・レントシュミット 22 1886/1/11 1908銀
テレサ・ウェルド 26 1893/8/21 1920銅
マグダ・ユーリン 25 1894/7/24 1920金
スベア・ノーレン 24 1895/10/5 1920銀
ベアトリクス・ローラン 23 1900/6/30 1924銀
1932ペア銀
1928銅
ヘルマ・サボー 21 1902/2/22 1924金
フリーツィ・ブルガー 17 1910/6/6 1928銀
1932銀
ビビ=アンネ・フルテン 24 1911/8/25 1936銅
マリベル・ビンソン 20 1911/10/12 1932銅
ソニア・ヘニー 15 1912/4/8 1928金
1932金
1936金
セシリア・カレッジ 15 1920/11/28 1936銀
エバ・パブリック 20 1927/10/4 1948銀
バーバラ・アン・スコット 19 1928/5/9 1948金
ジャネット・アルウェッグ 17 1930/9/8 1948銅1952金
ジャクリーヌ・デュ・ビエフ 21 1930/12/4 1952銅
テンリー・オルブライト 16 1935/7/18 1952銀
1956金
キャロル・ヘイス・ジェンキンス 16 1940/1/20 1956銀
1960金
イングリート・ヴェンドル 15 1940/5/17 1956銅
バーバラ・ロールズ 18 1941/4/6 1960銅
ショーケ・ディクストラ 18 1942/1/28 1960銀
1964金
レギーネ・ハイツァー 19 1944/2/26 1964銀
ペトラ・ブルカ 17 1946/11/17 1964銅
ペギー・フレミング 19 1948/7/27 1968金
ガブリエル・ザイフェルト 19 1948/11/23 1968銀
ハナ・マシュコヴァー 18 1949/9/26 1968銅
ベアトリクス・シューバ 20 1951/4/15 1972金
カレン・マグヌセン 19 1952/4/4 1972銀
ジャネット・リン 18 1953/4/6 1972銅
ディアンネ・デ・レーブ 20 1955/11/19 1976銀
ドロシー・ハミル 19 1956/7/26 1976金
クリスティーネ・エラート 19 1956/12/29 1976銅
ダグマル・ルルツ 21 1959/1/18 1980銅
リンダ・フラチアニ 19 1960/8/2 1980銀
アネット・ペッチ 19 1960/9/3 1980金
キラ・イワノワ 21 1963/1/10 1984銅
ロザリン・サムナーズ 19 1964/4/20 1984銀
エリザベス・マンリー 22 1965/8/7 1988銀
カタリナ・ヴィット 18 1965/12/3 1984金
1988金
デビ・トーマス 20 1967/3/25 1988銅
伊藤みどり 22 1969/8/13 1992銀
ナンシー・ケリガン 22 1969/10/13 1992銅
1992銀
クリスティー・ヤマグチ 20 1971/7/12 1992金
陳露 17 1976/11/24 1994銅
1998銅
オクサナ・バイウル 16 1977/11/16 1994金
イリーナ・スルツカヤ 23 1979/2/9 2002銀
2006銅
ミシェル・クワン 17 1980/7/7 1998銀
2002銅
荒川静香 24 1981/12/29 2006金
タラ・リピンスキー 15 1982/6/10 1998金
サーシャ・コーエン 21 1984/10/26 2006銀
サラ・ヒューズ 16 1985/5/2 2002金
ジョアニー・ロシェット 24 1986/1/13 2010銅
カロリーナ・コストナー 27 1987/2/8 2014銅
金妍兒 19 1990/9/5 2010金
2014銀
浅田真央 19 1990/9/25 2010銀
ケイトリン・オズモンド 22 1995/12/5 2018銅
アデリナ・ソトニコワ 17 1996/7/1 2014金
エフゲニア・メドベージェワ 18 1999/11/19 2018銀
アリーナ・ザギトワ 15 2002/5/18 2018金

2018年時点で現役選手は、カロリーナ・コストナー、エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ。そしてケイトリン・オズモンドは休養中、アデリナ・ソトニコワ選手は引退は不明です。

最年少、最年長メダリストは?

List of Olympic medalists in figure skating by age

男子同様、こちらのサイトを参考に、紹介していきたいと思います。このサイトと違う点としては、シングルのみに絞り、団体戦やペア・アイスダンスを除いていることと、複数メダル保持者も一番目にメダルを取った時、または最後に取った時を紹介します。

最年少メダリスト

複数のメダル保持者も、一番最初にメダルを取った年齢です。

順位 名前 メダル年齢 大会
1 セシリア・カレッジ 15歳79日 1936銀
2 タラ・リピンスキー 15歳255日 1998金
3 イングリート・ヴェンドル 15歳261日 1956銅
4 アリーナ・ザギトワ 15歳281日 2018金
5 ソニア・ヘニー 15歳316日 1928金
6 キャロル・ヘイス 16歳13日 1956銀
7 オクサナ・バイウル 16歳101日 1994金
8 テンリー・オルブライト 16歳217日 1952銀
9 サラ・ヒューズ 16歳295日 2002金
10 ペトラ・ 17歳77日 1964銅

女子シングル上位10位までのランキングです。

1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックで女子シングル銀メダリストのセシリア・カレッジさんが15歳と79日で最年少メダリストです。最初に女子でダブルサルコウを跳んだ方だそう。15歳のメダリスト、結構多いですね。前年度の7月1日までに15歳になっていないとオリンピックに出場できないので、めぐりあわせの運もありそうですが、そのルールがない頃でも14歳のメダリストはいないというのも不思議です。

団体戦も合わせると、2位に食い込むのが2014年のユリア・リプニツカヤさんで15歳249日です。アリーナ・ザギトワも団体戦で銀メダルですね。

最年長メダリスト

複数のメダル保持者も、一番年齢が高い時に取得したときのランキングです。

順位 名前 メダル年齢 大会
1 エセル・ミューケルト 38歳246日 1924銅
2 ベアトリクス・ローラン 27歳233日 1928銅
3 マッジ・サイアーズ 27歳43日 1908金
4 イリヤ・スルツカヤ 27歳14日 2006銅
5 カロリーナ・コストナー 27歳12日 2014銅
6 テレサ・ウェルド 26歳248日 1920銅
7 ドロシー・グリーンハウ=スミス 26歳32日 1908銅
8 マグダ・ユーリン 25歳276日 1920金
9 スベア・ノーレン 24歳203日 1920銀
10 ナンシー・ケリガン 24歳135日 1994銀

赤字は複数メダル取得者で、一番年齢が高い時の記録です。

最年長は、1924年シャモニーオリンピックで銅メダル獲得のエセル・ミューケルトさんで、38歳!ペアも掛け持ちしていました。今後、38歳のエセル・ミューケルトさんの記録を抜くのはかなり難しそう。

荒川静香さんは11位で24歳56日でした。

意外だったのが、24歳でもう上位ランキング入りしてしまうのか…ということです。

団体戦も入れると、平昌五輪の長洲未来さんがマグダ・ユーリンの次の順位に食い込みます。

2回目のメダルを手にする年齢は、ざっと見ると21歳~23歳に集中しているようでした。17~19歳で1回目、21~23歳で2回目、という感じです。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-フィギュアスケートデータ
-,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.