英語ニュース

フィギュアスケート日本選手のベスト演技 the Japan times《NEWS#2019-4-25》

投稿日:

フィギュアスケートの人気ブログランキングもよろしくお願いします。

the Japan Timesより、Jack Gallagher記者 の記事によるIce Timeがセレクトした2018-2019シーズンの日本選手ベストランキング10。

オリジナルはこちらの記事です。

※私はあくまで英語学習者なので、間違いもあると思うので鵜呑みにしないでください!おかしな点がありましたら、ぜひご指摘ください。

Yuzuru Hanyu tops best efforts by Japan skaters this season

1.羽生結弦(ロシア杯SP)

This was the skate of the year, with Hanyu establishing a world record of 110.53 points to “Otonal” under the new +5/-5 grade of execution system.

このプログラムはスケート年間最優秀賞だ。新しい±5のGOEシステムのルール化で「オトナル」で世界記録の110.53ポイントを羽生が打ち立てた。

He was exquisite from start to finish while thrilling the crowd in Moscow. Unfortunately, it was his last skate of the season in full health, as he reinjured his right ankle at practice the following day.

exquisite:非常に美しい

モスクワの観衆を興奮させるほど最初から最後まで非常に美しかった。残念ながら、これは彼の十分に健康的な状態のシーズン最後のスケートとなった。次の日に練習で右足を再び怪我してしまったために。

私にとっても、このシーズンこの演技が一番でした!それだけに次の日のけがが悲しかったです。

2.羽生結弦(世界選手権FP)

This was a close runner-up for top honors, with Hanyu still not fully recovered from his ankle injury but gamely participating in the event for the host nation.

runner-up:2位の人 runner-up《スケート基本英語#74》
gamely:勇敢に

このプログラムはトップの栄誉ある人たちにとって惜しい2位だった。羽生はなおも足首のけがから十分に回復してなかったが勇敢にホスト国である試合に参加した。

He would hit an incredible quadruple toe loop/triple axel combination to “Origin” to help claim Japan’s lone medal in Saitama while garnering a thunderous ovation from the capacity crowd.

羽生は素晴らしい4回転トゥループ・トリプルアクセルのコンビネーションを「Origin」で決めたことで埼玉でたった一人の日本人のメダルを獲得したのだろう。大きな会場の観客からの雷鳴のような喝采を集めて。

3.羽生結弦(ヘルシンキ杯SP)

This was Hanyu’s first Grand Prix event since injuring his right ankle during practice at the 2017 NHK Trophy in Osaka. He demonstrated that he was fully recovered with a strong showing that illustrated the majestic qualities of the two-time Olympic champion. Despite only receiving a level three on his step sequence, Hanyu gave a commanding performance in the city where he won the 2017 world crown.

(ここからざっくりと意訳)2017年の大阪NHK杯の練習で足首のけがをして以来のグランプリシリーズでの試合となった。オリンピック2連覇の王者のクオリティを示した。ひとつステップがレベル3となったものの、2017年の世界王者と同じ場所で支配的な演技をした。

4.紀平梨花(NHK杯FP)

Kihira was on top of her game here with her best free skate of the season to “A Beautiful Storm” in Hiroshima. She landed two titanic triple axels on the way to victory and served notice that she was going to be a force this season. She went on to win her next GP (the Internationaux de France) and the GP Final in the weeks that followed.

(ざっくりと意訳)紀平は広島での「Beautiful Storm」が彼女にとって今シーズン最高のフリーだった。大きなトリプルアクセルを2回も決めて優勝し今シーズンの強さを見せることとなった。その後フランス杯でもグランプリファイナルでも優勝した。

5.坂本花織(全日本選手権FP)

In second place behind Satoko Miyahara after the short program, and with Kihira ready to unleash her two triple axels in the free skate, Sakamoto rose to the occasion to win her first senior national title with a beautiful performance to “The Piano” in Osaka. Her combination of power and artistry were on full display in a spell-binding showing that was properly scored by the judges.

unleash:自由にする、解放する
rise to the occasion:うまく対処する
spell-binding:見るものを魅了する

(ざっくりと意訳)宮原知子に続くショート2位で、紀平はフリーで2回のトリプルアクセルを跳ぶ準備ができていた。坂本は大阪で「ピアノ・レッスン」で美しい演技をしてはじめてのシニアでの国内大会のタイトルを得るために上手くやってのけた。力強さと芸術性のコンビネーションは見るものを魅了する演技で適切にジャッジされた。

6.坂本花織(世界選手権SP)

Skating in front of a sellout crowd of nearly 18,000 fans at Saitama Super Arena, Sakamoto showed her grit with a nearly flawless effort to “From My First Moment” to take second place behind Olympic champion Alina Zagitova. Sakamoto was in good position to claim a medal in the free skate by virtue of her result, but ended up falling to fifth in the final standings.

grit:ガッツ

(ざっくりと意訳)さいたまスーパーアリーナでの満員近い18,000人の観客の前で坂本はほぼ完ぺきな「 From My First Moment 」を演技して五輪女王アリーナ・ザギトワにつぐ2位につけた。坂本はメダルにいいポジションにつけたものの、最終的には5位となった。

7.宇野昌磨(四大陸選手権FP)

This was Uno’s breakthrough moment, where he finally won an ISU championship event, after taking second so many times. He moved up from fourth place after the short program to top the podium with his impressive skate to “Moonlight Sonata” in Anaheim, California. Uno landed three quads and earned level fours on his spins and step sequence.

breakthrough:突破、打開

(ざっくりと意訳)この演技は宇野にとって打開の瞬間だった。彼はISUの主要大会でついに優勝した。何度も2位だった末に。ショートから4位上がって印象的な「月光」のスケートで表彰台のトップに。3回の4回転を降りてスピンとステップではレベル4を獲得した。

8.紀平梨花(国別対抗戦SP)

Kihira landed a beautiful triple axel in her short program to “Clair de Lune” on the way to a world-record score in Fukuoka. It was one of the best she has landed in competition. Her achievement in this event would have been placed higher, but for the liberal scoring by the judges in Kyushu.

(ざっくりと意訳)紀平はショートの「月の光」で素晴らしいトリプルアクセルを降りて福岡で世界最高得点を獲得した。試合で降りたベストのひとつだった。九州のジャッジによる自由なジャッジングがなかったら、この試合での達成したことはもっと順位が上であってもよかった。

9.三原舞依(全日本選手権FP)

Mihara put on an electric performance in Osaka to “The Mission” that brought fans to their feet in a standing ovation. Mihara looked to have locked up a place on the podium, before Satoko Miyahara skated next and was controversially placed ahead of her. Mihara ended up fourth, with a noticeable murmur from the crowd after Miyahara’s score moved her in front of Mihara.

(ざっくりと意訳)大阪での「The Mission」の電撃的な演技はファンをスタオベさせるほどだった。三原は次に滑った宮原知子の前で表彰台あと一歩であった。宮原が三原を上回ったことは議論を伴うものであった。宮原の順位が三原を上回ったことで三原は4位となり観衆のざわめきがあった。

10.細田采花(全日本選手権FP)

After landing a triple axel in her short program, Hosoda wowed the crowd with two more in her free skate on a magical night. The then 23-year-old showed that even with a technically difficult jump, it is mind over matter.
It was an incredible achievement in the biggest domestic competition of the season and one that will be long remembered for a skater who had posted mostly mediocre results in her long career.

mediocre:平凡な、並みの

(ざっくりと意訳)ショートでトリプルアクセルを降り、フリーで2回のトリプルアクセルを降り、細田はうわーっとなった。23歳にとっては技術的には難しいジャンプだが、問題は精神だ。

今シーズンの最も大きな国内大会で素晴らしい偉業だった。長いキャリアのなかでほとんど平凡な成績だったスケーターにとって、このことはずっと長い記憶に刻まれることになろう。

追記:壷井達也(全日本ジュニアFP)

In second place behind Koshiro Shimada after the short program, and with quadster Shun Sato lurking, Tsuboi put on the skate of his life in the free skate to become Japan’s junior champion in Fukuoka. It was a wonderful moment for one of the country’s most popular juniors.

lurking:潜んでいる

(ざっくりと意訳)ショートで島田高志郎についで2位、そして4回転の佐藤駿が潜む中、壷井はフリーで彼の人生でベストを滑り福岡で全日本ジュニアチャンピオンになった。最も人気の国内ジュニアの一人にとって素晴らしい瞬間だった。

 

ザギトワについて記事が続きますが、省略します。

まとめ

ギャラガーさん羽生くん好きだなあ。そして三原さんが全日本選手権で宮原さんに負けたことが物議をかもしたみたいなニュアンス…。三原さんも良かったけど、宮原さんも良かったのになあ。(宮原さんランキング外なのか…)

ちなみに今季の私のランキングは…(一人SPとFP合わせて2つまでにして)。

  1. 羽生結弦(ロシア杯SP)…羽生くんさらに進化している?と驚愕した完璧なショートプログラム。
  2. 羽生結弦(世界選手権FP)…絶対に諦めない気持ちの演技に心震えた。
  3. 坂本花織(全日本選手権FP)…ボロボロ泣いた。実況通り心震わす渾身のフリー。
  4. 紀平梨花(NHK杯FP)…キター!感すごかった。
  5. 宇野昌磨(四大陸選手権FP)…渾身の月光でぐっと来た。
  6. 紀平梨花(GPFSP)…ザギトワを上回ってキター!感。
  7. 宇野昌磨(全日本選手権SP)…怪我大丈夫なの?からの演技。
  8. 宮原知子(スケートアメリカFP)…研ぎ澄まされた凛とした感と一歩大人になった感。
  9. 宮原知子(全日本選手権SP)…スピンが美しすぎて。
  10. 田中刑事(国別対抗戦FP)…最後の最後で渾身のフリー。
  11. 三原舞依(全日本選手権FP)…おおお!スケーティングきれい!
  12. 樋口新葉(全日本選手権SP)…キレキレのアップテンポの音楽でノリノリ!

1位と2位はギャラガーさんと同じで、あとはあまりランキングはあってないようなもの…。三原さんも樋口新葉さんも入れたくて12位まで作っちゃいました。

 

ブログランキング

「いいね」と思ったらこちらをクリックしてください!

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




フィギュアスケート英語ニュースカテゴリ

フィギュアスケート英語ニュース一覧はこちら

いつも最新ニュースとは限りません。最新投稿順。

-英語ニュース

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.