羽生結弦 英語ニュース 2018平昌五輪

羽生結弦を知るべき5つのこと 5 Things to Know About Figure Skating Champion Yuzuru Hanyu《NEWS#2018-2-16》

投稿日:2018年10月5日 更新日:

平昌五輪の男子フィギュアがはじまる直前に書かれた羽生結弦選手に関するTIMEの記事から。

TIMEは英語学習者にとって難しいとはよく言われていて、私も読む気がしなかったのでまともに読んだことはありませんでしたが、羽生結弦の記事ならばぜひ読んでみたいと挑戦してみます。

2018/2/6に出した記事を2/16にアップデートしたもののようです。

興味のない政治経済の記事を我慢して読むより、興味のあるところをどんどん読んだ方がいいですものね。

※私は学習者なので間違いもあるかと思います。おかしな点がありましたが、ぜひご指摘ください。

5 Things to Know About Figure Skating Champion Yuzuru Hanyu
フィギュアスケートチャンピオン羽生結弦について知るべき5つのこと

TIMEより

迎える平昌五輪、連覇なるか

It’s a feat that hasn’t been achieved for more than six decades, but reigning Olympic figure skating champion Yuzuru Hanyu isn’t known to let a little thing like precedent get in his way.

get in his way:妨げとなる

60年以上成し遂げられていない偉業だが、フィギュアスケートオリンピックを制した羽生結弦は先例のような小さなことがさまたげになったことは知られていない。

※のっけから難しい…。ケガやライバルのことを言っているのかな?

The 23-year-old — already known by some as the greatest figure skater ever — is competing in the 2018 Pyeonchang Winter Olympics against skating stars like Spain’s Javier Fernández and the U.S.’s Nathan Chen in an attempt to reclaim the men’s figure skating gold medal.

reclaim:取り戻す

23歳、すでに史上最高のフィギュアスケーターとして知られているが、2018年の平昌五輪に参戦する。スペインのハビエル・フェルナンデスやアメリカのネイサン・チェンに対抗して、男子フィギュアスケートの金メダルを取り戻すつもりだ。

The last male singles skater to win gold at two successive Olympics was America’s Dick Button in 1948 and 1952.

最後のオリンピック連続金メダルを得た男子シングルスケーターはアメリカのディック・バトンで1948年と1952年だ。

But Hanyu, known as Japan’s “Ice Prince,” has to overcome more than just the weight of history if he’s to seize the title in a back-to-back win.

しかし羽生は、日本では「氷上のプリンス」として知られているが、歴史の重さ以上のものを乗り越えなくてはならない。もしも連覇してタイトルを得ようとするならば。

A severe ankle injury kept him off the ice and unable to train for more than two months.

厳しい足首のケガは氷から彼を遠ざけ2か月以上も練習できなかった。

He’s made a comeback before, including after abdominal surgery, and he’s still favored to place on the Olympic podium.

abdominal:腹部の

彼は腹部の手術後の時のように、以前にも復活したことがある。そしていまだオリンピック表彰台の有力候補だ。

After coming out on top in the men’s short program on Feb. 16, he’s in good position to continue on his quest.

2月16日に男子ショートプログラムでトップになった後は、彼の探求を続けるいい位置にいる。

ソチ五輪優勝後

At the 2014 Sochi games, Hanyu’s routine broke the 100-point scoring ceiling, setting a world record with 101.7 points for his short program.

2014年のソチ五輪では、羽生の演技は100点の天井を突き破り、ショートプログラムで101.7ポイントの世界記録を得た。

He went on to claim gold, even though he fell twice during his free skate.

続けて金メダルを得た。フリーでは2回の転倒があったにも関わらず。

Hanyu was the first male skater representing an Asian country to take gold, and the youngest since Button.

羽生は金メダルを得るアジアの国代表として初めての男子スケーター、そしてバトン以来の最年少となった。

Disappointed by his less-than-perfect Sochi performance, Hanyu pledged to return to the next Olympics with an unblemished showing. It’s a pledge he is already keeping.

pledge:約束する、誓う
unblemished:けがれのない、きずのない

パーフェクトに達してないソチの演技でがっかりし、羽生は完璧な演技で次のオリンピックに戻ってくると誓った。すでにずっと守り続けている誓いだ。

Here’s what you should know about Yuzuru Hanyu.

ここに羽生結弦について知るべきことがある。

羽生のケガは平昌五輪の金メダルに危険信号

Hanyu’s Injury Could Jeopardize His Chances of Winning Gold in Pyeongchang

His coaches said he would compete, but it was an open question since a media blackout was imposed on his training and he hadn’t been able to compete since November last year.

open question:未解決問題
media blackout:言論統制

彼のコーチは言う、彼は戦うだろうと。しかし彼の練習についてはメディアの統制があり未解決問題があった。また、去年の11月から試合にでることができていない。

※未解決問題とはいったい?

Hanyu took an ill-timed tumble while practicing a difficult, four-revolutions jump called a quadruple lutz ahead of the NHK Trophy on Nov. 9.

ill-timed:折りの悪い
tumble:転倒

羽生は11月9日のNHK杯を前にして、難しい4回転ルッツと呼ばれる4回転ジャンプの練習中にタイミング悪く転倒した。

The awkward fall caused bone, tendon and ligament damage.

そのぎこちない転倒は骨、腱、そして靭帯にダメージを与えた。

Pressure to master such injury-risking jumps has increased, in part, with the rise of teenage jumping prodigy and U.S. national champion Nathan Chen – Hanyu’s expected rival at Pyeonchang and the first in the sport’s history to land five quadruple jumps in a single routine.

そのようなケガのリスクのあるジャンプを習得するプレッシャーはある分高まる。10代のジャンプの天才で全米チャンピオンのネイサンチェンは、羽生にとって平昌で期待されるライバルであり、1つのプログラムで5回の四回転ジャンプを降りたスポーツの歴史を作った最初の人でもある。

At one point, Japan’s Kyodo news agency said that Hanyu would not participate in the men’s figure skating team event.

ひとつには、日本の共同ニュース局は羽生は男子フィギュアの団体戦に参加しないと伝えた。

Then his coach confirmed he would be performing in the individual competition.

そして彼のコーチは個人戦で演技すると認めた。

羽生のそばにはラッキーアイテムのプーさん

Hanyu Has the Luck of Winnie the Pooh on His Side

Hanyu is never without his Winnie the Pooh teddy bear tissue dispenser.

tissue dispenser:ティッシュケース

羽生はいつもプーさんのティッシュケースを離さない。

He’s known to hug his rink-side companion for good luck just before getting on the ice, and to bring the cartoon character along to interviews.

氷に出る前は幸運を祈ってリンクサイドの相棒にハグをすることやインタビューにそのアニメキャラクターを持ち込むことで知られている。

Pooh Bears have become a mascot for Hanyu’s besotted fans who sport Pooh ears and throw Pooh plushies onto the rink after his routines.

besotted:酔って、のぼせて
plushie:ぬいぐるみ
sport:もてあそぶ、からかう、見せびらかす

くまのプーさんは羽生に酔いしれているファンたちのマスコットになってきている。彼女たちがプーさんの耳を見せびらかし彼の演技後にリンクにプーのぬいぐるみをなげている。

※sportには見せびらかす、という意味で果たしていいのか分からない…。

Due to corporate sponsorship rules, the Pooh talisman will have to stay in the dressing room during the Olympics however.

talisman:お守り、護符

共同のスポンサールールのために、プーさんのお守りはオリンピックの間は着替え室に置いておかなければならなくなる。

羽生は2011年の東北大震災で生き残った

Hanyu Survived Japan’s 2011 Earthquake and Tsunami

When the devastating Tōhoku earthquake and tsunami hit Japan in 2011, Hanyu was near the epicenter, skating at his hometown rink in Sendai.

壊滅的な東北地震と津波が2011年に日本を襲ったとき、羽生は震源地近くの仙台のホームリンクで滑っていた。

As the tremors caused water pipes to burst, Hanyu, then just 16, reportedly rushed off the ice with no time to even put skate guards on his blades. His family slept in an emergency shelter for three days.

tremor:地震、揺れ

地震のゆれで水道管が破裂し、羽生はその時16歳だった。伝えられているように、氷を離れて駆け抜けた。ブレードを守るスケートガードさえつける時間さえなかった。家族は3日間避難所に泊まった。

Ultimately, the disaster became a motivating factor in his career.

結局、その大災害は彼のキャリアに動機づける要因となった。

In his autobiography, Blue Flames, Hanyu wrote that the earthquake “totally changed my values.”

彼の著書である「蒼い炎」によると、羽生は地震について「完全に自分の価値が変わった」と書いている。

He joined other skaters in a benefit show to raise recovery funds and when he won the Olympics three years later, Hanyu called it “a gift for my country.”

彼は他のスケータとチャリティーショーに参加して復興資金を募って3年後のオリンピックで勝った時には羽生はこのことを「故郷への恩返し」と呼んだ。

※恩返し…でいいのかな。

蒼い炎 Blue Flamesって英字タイトルもカッコいい。

羽生は他のスケーターができない動きができる

Hanyu Is Able to Execute Moves Most Male Figure Skaters Can’t

While skating competitions have increasingly boiled down to who can do quads (a jump with at least four revolutions) as cleanly as possible to maximize points, commentators and fellow skaters praise Hanyu for his well-rounded performances, which combine technical precision with artistry and athleticism.

boil down:煮詰まる、要約される

スケートの競技会誰が最大限にポイントを得るためにできるだけクリーンに4回転(少なくとも4回転のジャンプ)を跳べるかということに集約されつつある。コメンテイターやスケーター仲間も羽生のバランス取れた演技に対して称賛している。その演技は、芸術性とアスレティシズムによる技術的な正確さが結びついているのだ。

“He’s the most complete athlete in figure skating, probably ever,” Stephane Lambiel, a 2006 Olympic silver medalist, told the New York Times.

「彼はフィギュアスケートで最も完全なアスリートです、多分史上最高の」2006年オリンピック銀メダリストのステファン・ランビエールはニューヨーク・タイムズにこう語った。

ステファン・ランビエール!

Hanyu’s performances tend to cross gender lines not only through the incorporation of elegant, dramatic and emotional dance choreography more often prized in women’s skating, but also through the moves he executes.

prize:重んずる、尊ぶ

羽生の演技は性別を超えがちだ。女子選手のスケートに重んずる以上にエレガントさだったりドラマティックで感情的なダンスの振付からだけではなく、彼がする動きからもだ。

Beyond proficient jumps, Hanyu’s routines are packed with elaborate spins like the Biellmann – a one-foot spin where the other foot is lifted above and behind the head.

proficient:堪能な、熟練した

熟練のジャンプの他にも、羽生の演技はビールマンのような精巧なスピンがつまってる。ビールマンとは、片足で立つスピンでもう片方の足を頭の後ろに高く上げるスピンだ。

The move is more popular with female skaters, as it requires a great amount of flexibility to pull it off.

その動きは女子スケーターには人気があって、それをするにはとても柔軟性が必要となる。

Hanyu’s spins are so iconic that fans have even named one move the “Hanyu spin.”

羽生のスピンがあまりに印象的なのでファンはその動きを「羽生スピン」と名付けたほどだ。

羽生は野球選手になっていたかもしれなかった

Hanyu Might Have Become a Professional Baseball Player

As a child in primary school, Hanyu said he almost gave up on figure skating.

小学校低学年の頃、羽生はフィギュアスケートはほとんど諦めていたと言う。

He wrote in his autobiography that while he had loved the adrenaline of competitions since he was in kindergarten, he loathed the monotony of practice.

loathe:ひどく嫌う
monotony:単調、退屈、変化のなさ

彼の自叙伝によると、幼稚園の頃から競技会でアドレナリンが出るのが好きだった一方で、単調な練習が嫌いだった。

His father played baseball, and in the third grade, Hanyu said he decided he wanted to pursue professional baseball instead.

彼の父は野球をしていた。3年生のとき、羽生は(フィギュアの)代わりにプロ野球を追い求めたいと決心したと言った。

It took the temporary closure of his hometown rink one year later and a long commute that limited his time on the ice for him to realize the importance of practicing and his commitment to skating.

1年後には彼のホームリンクが一時的に閉鎖されてしまった。通う時間が長くなってしまってそれによって氷上での練習時間が制限されることになってしまった。そのことが練習の大切さや、スケートをするんだという決意の気持ちに気づいたのだった。

メダルに向けて次に羽生が滑るとき

Here’s When Hanyu Skates Next for the Medal

After completing his Feb. 16 short program with a personal best record breaking 111.68 points, ahead of Spain’s Javier Fernández and Japanese teammate Shoma Uno.

2月16日のショートプログラムは自己ベストを破る(?)111.68ポイントで、スペインのフェルナンデスと日本のチームメイト宇野昌磨を上回った。

※自己ベストは112.72ですよね?

Hanyu will take to the ice for his free skate once more on Feb. 17 in South Korea — which means it will air in the U.S. on NBC’s primetime coverage and online on the evening of Friday, Feb. 16.

羽生はもう一度韓国で2月17日にフリープログラムで氷に立つ。この様子は2月16日の夜にNBCのプライムタイム放送とオンラインでアメリカに放送される。

時差の関係でややこしいですが、アメリカでは16日夜に放送されるけれど、韓国では17日に行われる、ということですよね。

TIMEは難しい、TIMEは難しい、と先入観はありましたが、読んでみると意外と普通でした。これがフィギュアスケートというジャンルだからかもしれません。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-羽生結弦, 英語ニュース, 2018平昌五輪

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.