羽生結弦 英語ニュース 浅田真央

浅田真央 独占インタビュー:「可能性はまったくもってゼロ」MAO ASADA EXCLUSIVE: ZERO CHANCE OF COMPETITIVE COMEBACK《NEWS#2018-10-1》

投稿日:

オリンピックチャンネルより、浅田真央さんのインタビュー。

浅田真央サンクスツアーをはじめた経緯や、現役復帰の可能性、トゥルソワ、羽生結弦の話題など。

こちらは、日本語バージョンと英語バージョンがあるので、どちらも重ねながら紹介していきたいと思います。(英訳が分かりやすいように適度にぶつ切りしていることをお許しください)

日本語でインタビューを受けて、英訳したように思えるので、いつもと逆に日本語→英語と並べてみます。(女優はやってないです!の突っ込みが英語で見られず残念)

目次

浅田真央 独占インタビュー:「可能性はまったくもってゼロ」
MAO ASADA EXCLUSIVE: ZERO CHANCE OF COMPETITIVE COMEBACK

Q:まず何故サンクスツアーを開催されることになったのか教えてください
Q: What inspired this Mao Asada Thanks Tour?

引退発表をしてから、毎年10年間自分が出続けていたショーが7、8月にあって、そのショーを終えたら、私は今後一生スケートを滑ることもないだろうと思っていましたし、そのアイスショーで皆さんに感謝の思いを届けられたらいいなと思っていたんですけど、

After I announced my retirement, there was a show I performed in for 10 years every July and August. And once I was finished performing that show, I thought I would never skate again and I hoped I could show my appreciation towards everyone with that ice show.

終わってみて沢山の方からまだまだ私の演技が見れてないよという方だったり、まだまだ見たいよと言う方が本当に沢山いらしてくださって、私自身も自分がこれから何をしていきたいのかなとずっと考えていた時に、

But after it was finished, there were many fans who told me they still had not seen me perform. Many people also said they still wanted to see me perform and I personally was trying to figure out what I wanted to do going forward.

やっぱり自分に今出来ることはスケートを滑って22年間応援してくださった方や支えてくださった方へ感謝の滑りを届けることだと思ってそれからこの「浅田真央サンクスツアー」を始めようと思いました。

I then realised that I could skate to show my appreciation towards the fans and people who supported me for 22 years. That is when I decided to start this Mao Asada Thanks Tour.

Q:現役選手の生活で一番恋しいことは何ですか?
Q: What do you miss most about skating competitively?

competitively:競争して

私、引退発表をしてから選手としての生活だったり、試合が恋しいと思ったことは一度もないんです。

Since I announced my retirement, I have never, not once, missed neither my life as a competitive skater nor competitions.

Q:私は浅田さんのスケートを生で見たことが何度かあり、とても楽しませていただきました。実は私のガールフレンドも浅田さんのファンです。私たち以外にも浅田さんが再びメダルを目指して滑る姿を見たい人は何万人もいると思います。いつになったら浅田さんは現役復帰をしますか?
Q: Millions of people would like to see you skate for another medal, so when will you make a comeback to competitive skating?

※「私のガールフレンドも浅田さんのファンです」のくだりがカットされてる!

本当に復帰は0パーセントです。

The possibility is truly zero percent.

それだけ私はソチオリンピックが終わった時に自分の全てを出し尽くしたと思って一度やめたんですけれども、

After the Sochi Olympics, I retired once thinking I exhausted all that I had.

また自分が出来ると思って復帰してからスケート人生全てをその2シーズン、復帰してからの2シーズンに捧げてきましたし、全てを出し尽くしたので、

But I returned thinking that I could do it again. I devoted all of my skating career to the two seasons after I returned and I exhausted all that I had in me.

本当に復帰はしたいと思いませんし、可能性としては0パーセントだと思います。

So I sincerely don't want to return again and if I put that as a possibility, I think it's zero percent.

Q:何故このような質問をするかと言うと、例えばボクシング界ではチャンピオンが引退した後、すごいオファーを受け、「じゃあもう一度復帰してみよう」と言う例もあります。ですので、浅田さんを説得するには何が必要でしょうか?
Q: In boxing sometimes great champions retire and then they get an amazing offer and then they say, okay, I will try one more time. So what would it take to make you change your mind?

take to:~し始める、~を好きになる

ボクシングではどういったオファーがあるんですか?

What kind of offers are there in boxing?

―大抵はすごい大金のオファーをもらうそうです。

Q: They usually get offered lots and lots of money

フィギュアの世界ではそういったオファーはないと思います。

I don't think there will be such offers in figure skating. And even if there was I don't think I will make a comeback.

Q:浅田さんはフィギィアスケートでは経験すべきことは全て経験されたと言えます。コーチとしても最適だと思います。コーチとしての浅田真央は?
Q: Would you consider working as a coach?

そうですね、、、コーチは、、、

Yes, to be a coach….

今の所は頭の中の片隅にはありますね。でもそれが本当に今したいことかと言われたら、今はまだ本格的なコーチとしてはしないのかなと思ってます。

right now it's in a small corner of my mind. But if I were asked if that's what I really want to do right now I would say I don't want to be a serious coach at this moment.

頭の片隅にある「it's in a small corner of my mind」は使えそうな表現。

Q:では何年も先には可能性としてありますか?
Q: But maybe in the future, many, many years down the road?

down the road:いつか将来、この道の向こうに

どうかな、、、分からないけど、まだ考えてます。

Hmm… I don't know…I am still thinking about it.

Q:若い世代のスケート選手にどのようなアドバイスがありますか?
Q: What will be your advice to young skaters?

スケートが好きと言う気持ちだけは忘れないで、スケートを続けて欲しいなと思います。

I would like them to continue skating without ever forgetting their love of skating.

Q:フィギュアの話をしましょう。ロシアの若手選手アレクサンドラ・トゥルソワは今季プログラムに4回転ジュンプを三つ入れることに挑んでいます。評論家の中にはフィギュアはジャンプ中心になり過ぎていると言う人も多いですがそれについてどう思われますか?
Q: The young Russian Alexandra Trusova is attempting three quadruple jumps in her program this season. Many critics say figure skating is becoming too much about jumps, what do you say?

いや、もう本当にジュニアのレベルって、すごい私たちのジュニアの頃よりもさらに上がっていますし、その頃には考えられないぐらいのレベルになっていることにまず私は驚いています。

The junior level has gotten so much more advanced than in my junior days and I am surprised that it's come to a level that was unimaginable back then.

フィギュアスケートはやはりあの技術面、難しいジャンプをやることも大切ですけど、それだけではなくて表現力だったりも合わさることでフィギュアスケートの魅力っていうのが増すのかって思っています。

In figure skating the technical aspect, to do difficult jumps, is important but it should also be combined with expression as I think this increases the allure of figure skating.

allure:魅力、魅惑

でもフィギュアスケートも一つ、スポーツと言うこともあると思いますので、私は色んな難しいことにチャレンジすることは決して悪くないことだと思っています。それにプラス、表現力だったり、その見せるスケートができれば、それはもっともっと良くなるのではないかなと思っています。

But it is a sport after all so I don't think it's a bad thing to challenge various difficult techniques. If the skater can also add expression and be able to skate expressively I think it will become much, much better.

Q:浅田さんは現役時代大変なプレッシャーを受けていたと思います、日本のプライドでもあったので。最近多くのスポーツ選手はメンタルのコーチともトレーニングしています。これについてどう思われますか?そして若いスケート選手にとってそれは役立つと思いますか?
Q: An increasing number of athletes across all sports are starting to work with mental coaches. Do you feel that it might be helpful for young skaters?

やはりもちろんスポーツもそうですけれども、フィギィアスケートでも私実際経験してきて、やはり精神面ってすごい大切だと思いました。

Of course as a sport. Especially in figure skating, from my experience, I thought the mental side was very important.

すごい繊細なスポーツですし、心理的なもので自分の調子が乱れてきてしまったこともあったので。

It's a delicate sport and there were times when I wasn't doing well because of psychological issues.

私もこれからのスケーターの子達には心理学や、そういう専門のコーチをつけることはとてもいいことなんじゃないかと思っています。

So for the upcoming skaters I think it's a good thing to work with psychologists or coaches who specialize in that.

Q:浅田さんはキャリアの中で何度かコーチを変えられました。ご自身の経験からコーチを変えることによってどういうことを得られましたか?
Q: You have changed coaches a few times in your career, can you share what are the advantages of changing a coach?

私は選手の中ではコーチをたくさん変えていた方だと思うんですけども、

Among athletes I think I have changed coaches more than others.

やっぱり新しいコーチに付くことで色んな新しいことを吸収できますし、また違った気持ちで練習に臨むことが出来ていたので、色んなものを吸収できたと思っています。

But by changing a coach I was able to absorb a lot of new things and was also able to go to practice with a different feeling so I think I was able to absorb a lot of things.

Q:数週間前にエフゲニー・プルシェンコをインタビューしました。その時彼は羽生結弦選手のことを男子フィギィア史上最高の選手だと言っていました。浅田さんはどう思いますか、そして羽生選手のどういったところが特別だと思いますか?
Q: Evgeni Plushenko told us that he feels Yuzuru Hanyu is the best male skater ever. Would you agree and what makes Yuzuru so special?

私も、もちろんそう思います。

I totally agree!

彼は本当にすごい選手ですし、

He really is an amazing athlete.

たとえ逆境であったとしても皆さんの期待をはるかに超えてしまうような結果を出し続けている選手なので、すごい選手だなと思っています。

Even in adverse circumstances, he continues to produce results that are far beyond everyone's expectations so I think he's an amazing skater.

今でもたくさんの歴史を作ってきていますし、まだまだ彼はオリンピック2連覇しても挑戦し続けて、新しい技に挑戦するとインタビューでも言っていましたので、

He's already made all kinds of history and even after winning two Olympics he said in an interview that he will continue to compete and to attempt challenging new jumps.

本当にこれから先も多分私たちが思っている以上のまた歴史を作っていく選手になるんじゃないかなと私も思っています。

So I think he will continue to make the kind of history that will go beyond our expectations.

Q:浅田さんはTVコメンテーター、女優、DJなどとして活躍されたり、マラソンを走られたりと。色んなことに挑戦されていいますが、次に人生の中でしたいことって何ですか?
Q: You have worked as a TV commentator, as a DJ, ran a marathon, what is next on your bucket list?

女優のくだり英語端折られてる!

bucket list:バケットリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)

女優はやってないです!

えっとですね、、、このサンクスツアーも今までのショーとは違って、全く新しいアイスショーでこれも本当に新たな挑戦だと思っています。

This Thanks Tour is different from previous shows. It's a completely new ice show so I think of it as a really new challenge.

なので今後も私はやはり色々なことに挑戦し続けることが好きなので。

I would like to continue taking on challenges

また自分がこういうのやってみたいなと思うものがあればそれに挑戦していきたいと思っています。

so if there is something new to try, I would like it to challenge me..

Q:このサンクスツアーのどういうところが挑戦であると思いますか?

普段のアイスショーでは多くて自分のソロが2曲なんですけど、このサンクスツアーでは自分の滑る曲が8曲あるんですね。

In a typical ice show I would skate, at most, two solos. But in this Thanks Tour there are eight songs I skate to. So that number alone is a new challenge.

なのでその数滑ること自体がまず新たな挑戦でもありますし、また全て今まで自分が作ってきた曲をキャストのみんなと一緒に交代交代で滑っていくと言う新たなショーを作ったので、

Also, even though I have performed to all these songs in the past, I now skate alongside with my cast. It's essentially a new show.

そういった全てが一から、0から私自身が考えてスタートしたアイスショーなので、この「浅田真央サンクスツアー」全て内容も含めて新たな挑戦だと思っています。

It's a show that I thought of and created from scratch. So I see this Mao Asada Thanks Tour as a new challenge.

from scratch:最初から、ゼロから

Q:浅田さんがホノルルマラソンを走ったと聞いたとき、「次は何に挑戦されるんだろう?」と思いました。例えばバンジージャンプとか?
Q: Getting back to the marathon. You ran the Honolulu Marathon, what's next? Bungee jumping?

バンジージャンピングはやりました。

I've already done bungee jumping.

Q: ではスカイダイビングは?
Q: So how about skydiving?

スカイダイビングはやって見たいです。
I do want to try skydiving.

Q:ご自分がアドレナリン中毒だと思いますか?
Q: Would you say you're an adrenaline junkie?

adrenaline junkie:アドレナリン中毒、リスクや興奮を求める人

それはあると思います。

Yes I think so.

やっぱり緊張したり興奮したりするのってやはり試合に似てる部分があるので。

To be nervous or to get excited is similar to a competition.

もちろんフィギィアスケートの試合に出たいとは思いませんけど、そういった挑戦だったり達成感を味わえるっていう挑戦はして行きたいと思っています。

I don't want to be in a figure skating competition anymore but I do want to take on challenges that pushes me and gives me a sense of accomplishment and I like feeling that way.

Q:まず浅田さんが夏の競技、夏のオリンピックで競うとしたら、どの競技を選びますか?
Q: If you were to compete at the Summer Olympic Games, which sport will you choose?

今、ぱっと思い付いたのはテニスですね。

What jumped in my mind right now is tennis.

jump in my mind 思いつく (rise in my mind や think ofなども) 

私テニス良く見るんですけど、最近ですけどね、やって見たいなと思っていて。

I watch tennis a lot, it's a recent thing and I want to try it.

大坂なおみちゃんと錦織圭くんが勝ち進んでいるのを今ライブで見ているので、私も経験してみたいなと思いました。

I've watched Naomi Osaka and Kei Nishikori play so I thought I would like to try it.

以上です!インタビューはとても面白いものでしたね。日本語バージョンの方が、食いつきがちょっとすごいなと思いましたが。

英語は少しだけ端折られているところありましたが、かなり忠実に訳されていました!英語だけのものより、日本語から訳された英語の方が難しい英単語や表現がなく、ずっと分かりやすくて読みやすいと感じました。日本語と英語を並べることで、「こういう風に表現するのか」という勉強になるので、日本語バージョンと英語バージョンの両方掲載があるニュース記事はとてもhelpfulですね。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-羽生結弦, 英語ニュース, 浅田真央
-

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.