羽生結弦 英語ニュース オータムクラシック

羽生結弦、勝利で復帰《NEWS#2019-9-17》

投稿日:

フィギュアスケートの人気ブログランキングもよろしくお願いします。

the Japan Timesジャック・ギャラガーさんの、オータムクラシック2019の羽生くん部分を訳してみました。ちょっと分からなかったところは、「こうかな?」と思いながら書いて、その下に迷ったポイントや言い訳などが書いてあります。

オリジナルはこちらの記事です。

私の英語翻訳は、未熟で間違いもあると思うので決して鵜呑みにしないでください!おかしな点がありましたら、ぜひご指摘ください。

Yuzuru Hanyu skates to victory in competitive return

A healthy Yuzuru Hanyu returned to competition over the weekend at the Autumn Classic International in victorious fashion. The superstar scored a comfortable win skating his two programs from last season.

in victorious fashion:勝利で(fashionに仕方、流儀などの意味あり)

健康な羽生結弦が、週末のオータムクラシックインターナショナルでの競技会に勝利で戻ってきた。先シーズンからの2つのプログラムを滑り気持ちのいい勝利を収めた。

Hanyu, who has struggled with an ankle injury the past two seasons, gave an uneven performance and showed he still has room for improvement. Having not competed for six months and coming off a serious injury, it came as no surprise.

uneven:平らでない、不揃いな、むらのある、(試合など)一方的な
come off
:(結果が)~になる。ボタンなどが取れる、去る

先シーズンと先々シーズンの2シーズンを足首の怪我で苦しんでいた羽生は、むらのある演技をして、改良の余地を見せた。6か月間試合に出ず、重い怪我をしたが、驚くことではなかった。

辞書を見ながら分からなかった点…。unevenに試合で一方的な、という意味がありもしかたしたらライバルを寄せ付けない、という意味なのかな、とも考えました。しかしその後改善の余地がある…と続いてたので、むらのあるという意味の方に寄せてみました。

また、come offにたくさんの意味があり、「結果が伴う」、という意味と「はがれる」という意味があり、6か月間試合に出なかったことで怪我が癒された、という解釈なのか、インタビューで左足首捻挫したと言っていたからそのことなのか、どっちか迷いました。

The two-time Olympic champion won the event in Oakville, Ontario, for the fourth time in the past five years with a total score of 279.05 points.

2度のオリンピックチャンピオンはオンタリオ州のオークビルの大会でトータルスコア279.05ポイントで5回中4度目の優勝をした。

France’s Kevin Aymoz (262.47) was second, with Canada’s Keegan Messing (256.02) taking third.

フランスのケヴィン・エイモズは2位(262.47)、カナダのキーガン・メッシングは3位(256.02)。

Hanyu fell on his opening quad salchow in his short program to “Otonal,” but other than that was nearly flawless.

羽生はショートプログラムの「Otonal」で最初の4回転サルコウで転倒、しかしそれ以外はほとんど完璧だった。

Debbi Wilkes, one of the commentators on the Skate Canada livestream of the event, praised Hanyu’s determination after the miscue.

miscue:ミス、間違い

スケートカナダで試合のライブストリームのコメンテイターの一人、Debbi Wilkesはミスの後の羽生の決断力を褒めた。

“Knowing Yuzu, he won’t be happy with that performance,” Wilkes stated. “Eyeing rival Nathan Chen from the U.S., he knows to compete with Nathan he needs that quad salchow that he missed. Like a true champion, rearranged himself and refocused to do the quad/triple combination.”

rearrange 再編成する

「ゆづを知れば、あの演技に彼は満足しないでしょう」Wikesはそう述べた。「アメリカのライバル、ネイサン・チェンを見れば、彼と戦うためにはミスした4回転サルコウが必要だということが分かっています。本当のチャンピオンとして、再び自身を立て直して、そして4回転・3回転のコンビネーションに再び集中した。」

rearranged himself は再編成する、という意味だから、ミスがあってもそのあとで仕切りなおして、というニュアンスかな、と思いました。

Hanyu’s free skate to “Origin” was a bit more problematic, as he received negative grades of execution on his first two quads (loop, salchow), then had under-rotations on a pair of quad toe loops.

羽生のフリースケートの「Origin」は若干問題があった。最初の4回転2つ(ループ、サルコウ)はマイナスのGOEをもらい、そして2つの4回転トゥループは回転不足だった。

Wilkes, the 1964 Olympic silver medalist in pairs, noticed that even the greatest skaters can go through rough patches.

go through rough patches:難局を乗り越える

1964年オリンピックでペア銀メダリストのWikesはもっとも素晴らしいスケーターたちだって難局を乗り越えられることに気づいた。

rough patches は、そのまま荒い凸凹という意味ですが、何かの比喩か何かかな…と調べてみると、難局、困難という意味があるそうです。(※アルク英辞郎より

“Shaking off some of the rust early in the season,” Wilkes commented. “Even Yuzuru can have problems some days.”

「シーズンはじめはのサビをいくらか落としている。結弦だって何日かは問題を抱えたりするだろう」とWikesはコメントする。

Two-time pairs world champion Meagan Duhamel, who also provided commentary on the livestream, complimented Hanyu’s commitment to excellence.

2度のペアの世界チャンピオンのMeagan Duhamelもまた、ライブストリームのコメンテイターだが、羽生の素晴らしい献身を褒めた。

“We see him looking exhausted at the end of that performance,” Duhamel noted. “I have to point out that when he finishes a practice session, he’s that exhausted. It’s because he gives 110 percent of himself to every moment. So that when it’s over, he has nothing left in the tank.

「演技終盤は疲れてそうに見えました。練習のセッションを終えて彼は疲れて果てていた。それを指摘しないといけない。110%全ての瞬間に捧げているから。だから終わると、彼の容量に何も残ってないの」

“He practices like that. He performs like that. He does shows like that. That’s who he is.”

「彼はそのように練習する。そのように演技する。そのように魅せる。それが彼なの。」

Added Wilkes, “that’s one of the reasons he is so great.”

Wikesも、「それが彼がとても素晴らしい理由の一つだよね」と述べる。

 

Wilkes noted something special about Hanyu in her analysis.

Wikeの分析によると、羽生には特別な何かがあるとのこと。

“Every performance in competition is serious for a competitor, but when Yuzuru steps on the ice there is this focus that emanates from him,” Wilkes said.

emanate:(蒸気・熱、光など)発する

「試合のそれぞれの演技は、競技者として真剣。しかし結弦が氷上でステップをすると、彼から発せられるフォーカスがあるんだ」

日本語の文が上手く書けないのですが、there is this focus that emanates from himの部分は、彼から発生する何か(オーラみたいな?)が見ている人みんなを集中させちゃう(ピントを合わす)みたいなニュアンスかな…?

 

Duhamel pointed out that there is a reason for Hanyu’s superiority.

Duhamelは羽生が優れている理由を挙げている。

“Yuzu is a perfectionist. Although that was great performance, he will not be satisfied with it,” Duhamel stated. “It’s because of Yuzu’s multiple quad jumps that he has kind of forced men’s skating around the world to up the ante. That why we are seeing quad flips and quad lutzes now. He’s kind of forced them to do that if they want to compete with him.”

up the ante:要求水準を上げる

「ゆづは完璧主義者。素晴らしい演技だったとしても、満足しない。なぜならゆづの複数の4回転ジャンプは世界中の男子スケートの水準を上げたから。だから私たちは4回転フリップや4回転ルッツを見ている。彼に勝ちたいならば、そうせざるを得ないように彼がしたのよ。」

ブログランキング

「いいね」と思ったらこちらをクリックしてください!

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




フィギュアスケート英語ニュースカテゴリ

フィギュアスケート英語ニュース一覧はこちら

いつも最新ニュースとは限りません。最新投稿順。

-羽生結弦, 英語ニュース, オータムクラシック

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.