羽生結弦 スポーツ関係 フィギュアスケート基礎英語 気持ち・精神 2018平昌五輪 体の名称 浅田真央

アドレナリン adrenaline《スケート基本英語#107》

投稿日:2019年3月27日 更新日:

アドレナリンとは、興奮状態にある時に、副腎髄質から分泌されるホルモンの名前です。エピネフリンということもあります。

詳しく知りたい方は、wikipediaのアドレナリンを参照。日本の高峰譲吉がアドレナリンを発見、結晶化に成功したそうです。エピネフリンという名称はアメリカが使ってるそうな。

アドレナリン adrenaline

  • adrenaline アドレナリン
  • epinephrine エピネフリン

浅田真央のインタビューより

オリンピックチャンネルでのインタビューニュース英語ニュース#2018-10-1も参考に)

Q: Would you say you're an adrenaline junkie?

ご自分がアドレナリン中毒だと思いますか?

Yes I think so. To be nervous or to get excited is similar to a competition.

それはあると思います。やっぱり緊張したり興奮したりするのってやはり試合に似てる部分があるので。

羽生結弦の平昌五輪ショート前日の記事より

the Japan Timesより”Upbeat Yuzuru Hanyu gears up for short program

The real challenge for Hanyu will come in Saturday’s free skate, where his stamina will be challenged after the extended time out of competition.

羽生の本当のチャレンジは土曜日のフリーになる、そこではより延長された時間の中で彼の体力が問題となる。

If he is in the lead or close to it after the short program, the adrenaline of Olympic competition and his legendary spirit may be enough to carry him back to the mountaintop.

もしショート後に彼がリードもしくはリードに近い位置にいれば、オリンピック競技会のアドレナリンと彼の伝説的な精神はトップに戻るのに十分となるだろう。

ブログランキング

「いいね」と思ったらこちらをクリックしてください!

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




スケート基礎英語のカテゴリdescribe

スケートの基礎英語

-羽生結弦, スポーツ関係, フィギュアスケート基礎英語, 気持ち・精神, 2018平昌五輪, 体の名称, 浅田真央

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.