羽生結弦 スケート関係 スケートカナダ スポーツ関係 フィギュアスケート基礎英語

史上最大の大差で by the largest margin 《スケート基本英語#180》

投稿日:2019年11月19日 更新日:

圧倒的な大差で#53で 点差に関する表現by a mile を取り上げたのですが、関連して史上最大の大差を紹介します。

史上最大の大差で by largest margin

  • by the largest margin 史上最大の大差で

最上級のlargest だから、the で表現します。

羽生結弦、グランプリシリーズカナダ大会で史上最大点差で勝利の記事より

NBColympicsより

Yuzuru Hanyu won Skate Canada by what is believed to be the largest margin in Grand Prix figure skating history — 59.82 points.

※what is believed to be:~と思われるもの

羽生結弦は59.82ポイントというグランプリシリーズ史上最大と思われる点差でスケートカナダで勝利した。

あれ、2015年のNHK杯もそれくらい点差がなかったっけ?とチェック。

羽生くん 322.40、ボーヤンくん 266.43 点差55.97。ほんとだ…。

ブログランキング

「いいね」と思ったらこちらをクリックしてください!

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




スケート基礎英語のカテゴリdescribe

スケートの基礎英語

-羽生結弦, スケート関係, スケートカナダ, スポーツ関係, フィギュアスケート基礎英語

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.