伊藤みどり フィギュアスケート基礎英語

アスレティシズム athleticism 《スケート基本英語#20》

投稿日:2018年10月13日 更新日:

athleticism

適切な日本語がない…のかもしれません。辞書によると、運動競技熱、スポーツ熱などと書いてありますが、ピンとこないですね。

ピンとこないからなのか、日本語でも「アスレティシズム」の言葉が使われてきています。

  • athleticism 運動競技熱、スポーツ熱、活動性、運動競技中心主義 など

語尾に~ism とついていますが、これは、〇〇主義、〇〇主張などの意味をもつ接尾辞になります。日本語でも~イズムという言葉が使われますね。

カタリナ・ビットに関する記事より

Along with the coquettish seduction, Witt lured fans and judges with her superb athleticism.  (si.com)

coquettish:色っぽい seduction:魅力、誘惑

色っぽい誘惑とともに、ビットはその優れたアスレティシズムでファンと審査員を魅了した。

カルガリー五輪 伊藤みどりさんのフリー実況

athleticism という単語が登場したこの実況から。

"Jim, this program is a triumph of athleticism."

「ジム、このプログラムはアスレティシズムの勝利です。」

フィギュアスケートは芸術、という要素が強いスポーツでもあります。とくにみどりさん登場のころはそれが根強かったのでしょう。athleticismは、芸術(artistry)の対応する意味合いで使われていますね。また、みどりさんみたいなathleticismタイプはいままでいなかったんでしょうね。

今は芸術と技術、どちらも、という感じになってきていて、その両方がバランスよく表されるのが理想とされています。

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




-伊藤みどり, フィギュアスケート基礎英語
-, ,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.