羽生結弦 フィギュアスケート基礎英語 ハビエル・フェルナンデス

自叙伝 autobiography《スケート基本英語#61》

投稿日:

autobiographyは自叙伝、autographはサイン、biographyは伝記、graphは図表、グラフ、graphyは〇〇記録、〇〇記です。ちょっとややこしい。

自叙伝はautobiography

  • autobiography 自叙伝、自伝

羽生結弦の紹介記事より、野球が好きだった頃

TIMEより

Hanyu Might Have Become a Professional Baseball Player

As a child in primary school, Hanyu said he almost gave up on figure skating. He wrote in his autobiography that while he had loved the adrenaline of competitions since he was in kindergarten, he loathed the monotony of practice.

primary school:小学校(低学年)
adrenaline:アドレナリン
loathe:ひどく嫌う
monotony:単調、退屈、変化のなさ

羽生は野球選手になっていたかもしれない

小学校低学年の頃、羽生はフィギュアスケートはほとんど諦めていたと言う。彼の自叙伝によると、幼稚園の頃から競技会でアドレナリンが出るのが好きだった一方で、単調な練習が嫌いだった。

His father played baseball, and in the third grade, Hanyu said he decided he wanted to pursue professional baseball instead.

彼の父は野球をしていた。3年生のとき、羽生は(フィギュアの)代わりにプロ野球を追い求めたいと決心したと言った。

It took the temporary closure of his hometown rink one year later and a long commute that limited his time on the ice for him to realize the importance of practicing and his commitment to skating.

commitment:約束、責任

1年後、彼のホームリンクが一時的に閉鎖されて、通う時間が長くなってしまってそれによって氷上での練習時間が制限されることになってしまった。そのことが練習の大切さや、スケートをするんだという決意の気持ちに気づいたのだった。

蒼い炎 Ⅰ-Ⅱ巻セット

ハビエル・フェルナンデス自伝を出版

知らなかった!スペイン限定かな。(NBC

Fernandez released his autobiography, titled “Bailando el hielo,” in the fall of 2016.

フェルナンデスは自身の自伝、『Bailando el hielo』を2016年秋に出版した。

Bailando el hielo: Una historia de superación para conquistar lo imposible (Spanish Edition)

スペイン語です!「アイスダンス」という意味のようです。どんな内容なんだろう…。

ヤグディンの自叙伝

非公式ファンサイト?より

During the 2004 Stars on Ice tour Alexei took time two hours daily to dictate his autobiography.

dictate:書き取らせる、口述する

2004年のスターズオンアイスのツアー中、アレクセイは時間を取って、1時に2時間自叙伝を口述した。

オーバーカム―フィギュアスケートオリンピックチャンピオンストーリー

こちらは日本語で読めます!かつてのコーチのミーシン、新しいコーチのタラソワ、ライバルのプルシェンコ、家族のこと、人間関係色々書いています。

ペギー・フレミングが自叙伝にて

NBCより"1968: Peggy Fleming takes home only U.S. gold medal from Grenoble"

Fleming later wrote in her autobiography, The Long Program: Skating Toward Life’s Victories, “Mom’s idea was way too subtle (or just too far out) for the crowd, and I was too much in my own world to pay attention to her subtle gestures.”

in one's own world:深く集中する

フレミングは後に自叙伝『The Long Program: Skating Toward Life's Victories』で書いている。「ママのアイデアはまわりの人々にはあまりに微妙過ぎて小さなジェスチャーに気をくばるようにとても深く集中しすぎていたの」

(※前後を読んでも、ちょと意味が分かりにくいです。)

オリンピックではコンパルソリーで大量リード。そして…。

Her free skate was riddled with errors. When she first stepped on the ice, she later noted in her autobiography, the cuff of her sleeve snagged on her tights and she worried that her dress might come apart during the program.

riddle with:穴だらけにする
the cuff of her sleeve:袖口
snag:ひっかかる
come apart:ばらばらになる

彼女のフリースケートはエラーで穴だらけだった。氷上でステップを始めると、彼女は自叙伝でのちに書いたことだったが、袖口がタイツに引っかかってプログラム中に衣装が破けてしまうか心配だった。

The Long Program: Skating Toward Life's Victories

美人です!

スケーターのautobiography

たくさんあるので、代表的な選手のものを紹介します。厳密には自叙伝じゃないものもひょっとしたらあるかもしれませんが…。

羽生結弦 蒼い炎 蒼い炎II-飛翔編- 夢を生きる (単行本)
高橋大輔 be SOUL SOUL Up それでも前を向くために be SOUL 2
浅田真央 浅田真央 私のスケート人生 浅田真央オフィシャルフォトエッセイ『また、この場所で』
鈴木明子 ひとつひとつ。少しずつ。 笑顔が未来をつくる――私のスケート人生 壁はきっと越えられる ―夢をかなえる晩成力
安藤美姫 空に向かって 増補版 (扶桑社文庫)
荒川静香 Tiramisu ―だから私はがんばれる!
伊藤みどり 銀盤のエンジェル―伊藤みどり物語 タイム・パッセージ―時間旅行 伊藤みどり トリプルアクセルの先へ
ブライアン・オーサー Orser: A Skater's Life チーム・ブライアン チーム・ブライアン 300点伝説
アレクセイ・ヤグディン オーバーカム―フィギュアスケートオリンピックチャンピオンストーリー
ジョニー・ウィアー ジョニー・ウィアー自伝 Welcome to My World

~graphyとつく言葉

接尾辞 graphy がつく言葉をまとめました。イラストや文字で書かれたものを意味しています。

  • biography 伝記
  • geography 地理
  • photography 写真術、写真撮影
  • typography 活版印刷術、印刷
  • lithography 石版印刷
  • radiography X線撮影
  • bibliography 参考文献、著書目録
  • topography 地形

ブログランキング

ぜひ、ほかのブログも見てみてください。

フィギュアスケートランキング


英語関係はこちら
にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

adsense336




スケート基礎英語のカテゴリdescribe

スケートの基礎英語

-羽生結弦, フィギュアスケート基礎英語, ハビエル・フェルナンデス
-,

Copyright© フィギュアスケートと英語とあれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.